秋の収穫楽しみ 宇佐美児童、サツマイモつる挿し―伊東

伊東版 2017年05月18日

サツマイモのつるを畝へ挿す児童=宇佐美の朝善寺
サツマイモのつるを畝へ挿す児童=宇佐美の朝善寺

 伊東市宇佐美の朝善寺境内の畑で17日、宇佐美小2年生57人がサツマイモのつる挿しを行った。児童たちは楽しみながら、約120株を植えた。

 黒いビニールシートで覆われた畝に穴を掘り、つるを斜めに挿した。児童は「もっと深く掘らないとだめだよ」「土があったかい」などと口にしながら、作業に取り組んだ。

 食育と環境に関する学習の一環として、約10年前から行っている恒例行事。10月中にサツマイモの収穫を行う予定だという。

 内藤歓風住職は「おいしいサツマイモを、自分たちの手で育てる経験はなかなかない」と話した。内田壮哉くん(8)は「めっちゃ楽しかった。収穫が楽しみ」とほほ笑んだ。

 【写説】サツマイモのつるを畝へ挿す児童=宇佐美の朝善寺

各地の最新の写真
伊東
市長、2副市長の退任式 「新市長のもと一丸で」―伊東
下田
天城峠道路期成同盟会 南伊豆、松崎町が加盟
中伊豆
10人、19施設を表彰 三島食協総会表彰大会
熱海
民泊の課題を研究 考える会発足―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)