「節目の年、盛り上げを」 伊東市民・児委協総会 

伊東版 2017年05月17日

本年度の事業計画などを審議する出席者=桜木町のひぐらし会館
本年度の事業計画などを審議する出席者=桜木町のひぐらし会館

 ■制度創設100、70年で記念行事

 伊東市民生委員児童委員協議会(稲葉義彰会長)は16日、桜木町のひぐらし会館で本年度総会を開いた。「災害時一人も見逃さない運動の継続・充実」「地域における共助活動の推進」の2点を、重点事業として進めることを確認した。

 全員参加事業として、敬老の日行事などの福祉行政協力事業と歳末助け合い募金活動などの社会福祉協議会協賛事業を計画した。研究課題は「委員活動を継続しやすいサポート体制の構築」と「欠員地域の解消」を挙げた。

 稲葉会長は「今年は民生委員制度100周年、児童委員制度70周年の節目の年。記念行事などを通じ、皆さんと一緒に盛り上げていきたい」と呼び掛けた。総会終了後は、専門部会に分かれて意見を交わした。

 【写説】本年度の事業計画などを審議する出席者=桜木町のひぐらし会館

各地の最新の写真
伊東
市長、2副市長の退任式 「新市長のもと一丸で」―伊東
下田
天城峠道路期成同盟会 南伊豆、松崎町が加盟
中伊豆
10人、19施設を表彰 三島食協総会表彰大会
熱海
民泊の課題を研究 考える会発足―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)