メガソーラー建設反対市民有志 勉強会設置を要望―伊東

伊東版 2017年05月13日

勉強会の必要性を訴える森さん(中央)ら出席者=市役所
勉強会の必要性を訴える森さん(中央)ら出席者=市役所

 ■「冷静な判断のため」

 伊東市八幡野地区に民間企業が計画している大規模な太陽光発電施設(メガソーラー)建設に反対する市民有志が12日、市役所を訪れ、佃弘巳市長に問題点などを考える勉強会の設置を要望した。

 臆測やうわさが多く、メガソーラーの問題点が正確に伝わっていないのが現状であること。市職員や専門家から環境や法律について意見を聞き、今回の問題点を確認することが狙い。

 要望に訪れたのは、八幡野の写真家・森清隆さん(39)ら3人。森さんは「うわさが多く感情的になっている人も多い。知識がないと冷静な判断ができないので勉強する機会が必要」と勉強会の重要性を訴えた。

 佃市長は「団体や個人によって反対の理由も違う。質問内容を示してもらえば市職員が説明できると思う」と協力を約束した。

 市に提出した事前申請書よると、都内に本社を置く伊豆メガソーラーパーク合同会社が、95ヘクタールの土地のうち47ヘクタールに太陽光パネル設置を計画しているという。

 【写説】勉強会の必要性を訴える森さん(中央)ら出席者=市役所

各地の最新の写真
伊東
「俳句創作楽しい」 学習会・風初の教室―伊東
下田
「たばこって怖い」 下田「遊・VIVA」寸劇上演、児童に啓発
中伊豆
トウモロコシの迷路オープン 函南・オラッチェ
熱海
何が電気通すかな 図書館くらぶ、12人が理科の実験―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)