一夜限りの純白、次々 原種の月見草咲き始め―伊東の鈴木さん宅

伊東版 2017年05月09日

純白の花を咲かせる月見草=川奈の鈴木さん宅
純白の花を咲かせる月見草=川奈の鈴木さん宅

川奈・鈴木さん宅

 伊東山野草友の会会員、鈴木喜久恵さんの伊東市川奈の自宅の庭で、原種の月見草が咲き始めた。鈴木さんは「月見草と呼ばれているもののほとんどが待宵草(マツヨイグサ)で、原種の月見草は目にすることの少ない珍しい花」と説明する。

 月見草は北米原産。宵の口に開いた純白の花が夜中かけて少しずつピンク色に染まり、朝になるとしぼんでしまう。他の植物に比べて弱いため、野生化して繁殖することができなかったとされる。

 鈴木さんは10年ほど前に知人から譲り受けた1株を庭に植えた。無事に根付き、その種が飛んで少しずつ増えた。今では庭のあちこちで花を咲かせるまでになった。

 「月明かりの下で咲く一夜限りの花は本当にロマンチック。見ていて飽きない」と鈴木さんは話した。

 【写説】純白の花を咲かせる月見草=川奈の鈴木さん宅

各地の最新の写真
伊東
川勝知事、中田県議に当選証書 「責任の重さ実感」―県選管
下田
西伊豆消防署、津波浸水域外に開署 下田地区組合
中伊豆
道路整備、取り締まり強化 三島署が事故対策会議―ドリフト暴走
熱海
MOA岡田茂吉賞、大賞に漆芸の林さん 美術館で発表―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)