新センター大いに活用 伊東・食推協総会、親子食育やフェスタ

伊東版 2017年04月18日

総会であいさつする土屋会長=市健康福祉センター
総会であいさつする土屋会長=市健康福祉センター

 伊東市健康づくり食生活推進協議会(通称・エプロンハッスル会、土屋静枝会長)は17日、桜木町の市健康福祉センターで本年度総会を開いた。新たに完成した同センターを活用してこれまで以上に活発に活動していくことを申し合わせ、事業計画を決めた。

 同協議会はこれまで、大原の保健福祉センターを拠点に活動してきた。調理実習室の調理台はこれまでの4台から8台に増やされ、講習スペースも広くなった。同協議会は「料理教室などの参加者を増やすことができ、真新しい設備で、気持ち良く学んでもらえるのでは」と期待している。

 本年度は、親子食育教室や男性・シニア料理教室などの開催を計画している。健康フェスタやオレンジビーチ・マラソン大会などさまざまなイベントに出品する健康料理の調理も、新センターで行う。調理器具がガスからIHに変わったため、5月に全会員100人を対象にした研修会を開く。

 土屋会長は「大勢で使うことのできる新センターの完成は本当にうれしい」と喜ぶ。総会のあいさつで「『伝えよう安心・安全・バランスの良い食生活―家族で囲もう笑顔の食卓』のスローガンに沿って、力を合わせて市民の健康づくりの手伝いをしていきたい」と述べた。

 佃弘巳市長は「新センターは、福祉と健康の発信基地。装いも新たになった施設で、皆さんは食育のリーダーとして活躍してほしい」と呼び掛けた。

 【写説】総会であいさつする土屋会長=市健康福祉センター

各地の最新の写真
伊東
来月3、4日に「伊東湯のまちバル」 3枚つづり券初販売
下田
西伊豆仁科、テングサ漁が解禁
中伊豆
「今後の中学在り方は」 伊豆市議会報告会、3テーマで意見交換
熱海
陥没や側溝13カ所確認 網代連合町内会、市道改修を要望―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)