「あった」「やった」“春が来た” 公立高合格発表、歓喜に沸く

伊東版 2017年03月16日

合格を喜ぶ受験生たち=伊東高
合格を喜ぶ受験生たち=伊東高
2017年公立高選抜合格者数
2017年公立高選抜合格者数

 県内公立高校は15日、2017年度入学者選抜の合格者を発表した。全日制93校(分校を1校とする)は募集定員2万1471人に対し2万3010人が受験、2万1288人が合格した。実質倍率は1・08倍(前年度比0・01ポイント減)だった。

 定時制18校は募集定員720人で352人が受験、324人が合格。実質倍率は1・09倍(0・02ポイント減)。単位制3校は576人の募集に554人が受験し、542人が合格。倍率は1・02倍(増減なし)だった。

 伊東市内の県立3校・分校では318人が受験し、315人が合格した。

 伊東高では、合格者発表の掲示板から自分の番号を見つけた受験生たちが「あった。やったー」と喜び友人とハイタッチしたり、「よかった」とほっとした表情を浮かべて涙を流したりした。発表会場で部活動の勧誘も行われ、にぎわった。

 伊東商業高には、発表の30分ほど前から生徒が集まり始めた。正午の合格者の受験番号の一覧が張り出されると、一斉に駆け寄って確認。友人同士抱き合って喜ぶ女子生徒やガッツポーズで満面の笑みを浮かべる男子生徒の姿が見られた。

     ◇……………………◇

 ■全日制は10校 公立高再募集

 県教育委員会は15日、再募集する高校を発表した。伊豆と周辺地域では全日制10校12科(分校を1校とする)で、定時制4校4科で募集する。受け付けは17日と21日午後2時まで。試験は22日で、24日に合格者を発表する。

 実施校と定員は次の通り。

 【全日制】下田 普通16人、理数3人▽南伊豆分校 園芸17人▽松崎 普通19人▽稲取 普通15人▽伊東 普通12人▽伊東商業 総合ビジネス3人▽熱海 普通20人▽伊豆総合 工業31人、総合2人▽土肥分校 普通18人▽沼津工業 機械・電気・電子・建築・土木・物質工学17人

 【定時制】下田 普通34人▽伊東 普通31人▽三島長陵 普通19人▽沼津工業 工業技術21人

 【写説】合格を喜ぶ受験生たち=伊東高

各地の最新の写真
伊東
交通安全PRへ、ラッピングバス運行 県内全域でJA共済
下田
尾ケ崎の国道美化 有志「米フレンド」県、市と同意―下田
中伊豆
「伊豆の国讃歌」のDVD 伊東のNPO、小野市長に贈る
熱海
「献身的な活動評価」 長官表彰など13人に伝達―熱海消防本部

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)