食の大切さ再確認 中学給食の事例学ぶ―伊豆の風・DVD上映会

伊東版 2017年03月15日

DVD上映会であいさつする杉本事務局長(左)=生涯学習センター池会館
DVD上映会であいさつする杉本事務局長(左)=生涯学習センター池会館

 自然農法を活用した「健康保養地・伊豆」創出を目指すNPO法人伊豆の風(宮内和雄理事長)は12日、伊東市生涯学習センター池会館で「食を変えると子どもが変わる」と題したDVD上映会を開いた。会員や活動に関心のある市民ら20人が出席した。

 出席者は、長野県・旧真田町(現上田市)の教育長を務めた教育食育アドバイザー大塚貢さんの著書「給食で死ぬ!」付録のDVDを観賞した。無農薬、低農薬の食材を使った給食の導入により、荒れていた中学校が優秀校に変わった事例を学び、食の大切さを改めて確認した。

 同NPOの杉本正徳事務局長は開会のあいさつの中で「以前行った食に関するアンケートでも、学校給食への関心は高かった。DVD観賞を通じ、安全安心な食の重要性を理解し、一人一人がそれを伝える役割を果たしていってほしい」と出席者に呼び掛けた。

 同NPOは本年度、親子収穫体験会、自然農法野菜の販売と試食会などを行った。DVD上映会も活動の一環。19日に市健康福祉センター、22日に宇佐美コミュニティセンターでも開催する。時間は両会場とも午後1時半から。詳しくは杉本事務局長〈電0557(45)2056〉へ。

 【写説】DVD上映会であいさつする杉本事務局長(左)=生涯学習センター池会館

各地の最新の写真
伊東
吉崎君(伊東・南中2年)堂々健闘誓う 全国軟式野球が開幕
下田
両陛下4年ぶりに須崎でご静養 500人、小旗振り歓迎―下田
中伊豆
「橘保育園ありがとう」 64年の歴史に幕―伊豆市
熱海
体験型「子ども食堂」 要望受け拡大、4月開始―スマイル熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)