腸活支援ツアー試行 効果的食事・ヨガ―伊東市健康保養地実行委

伊東版 2017年02月26日

ayaさんの指導でヨガストレッチに取り組む参加者=大田区立伊豆高原学園
ayaさんの指導でヨガストレッチに取り組む参加者=大田区立伊豆高原学園

 伊東市健康保養地づくり実行委員会は25、26日、八幡野の大田区立伊豆高原学園で「伊東温泉腸活支援プログラム」のモニターツアーを開いている。腸の働きを整えることで健康状態や生活の質を向上させることを目的にした初めての試み。市内外から参加した11人が、運動や食事を通じた腸内環境の調整に取り組んだ。

 腸内フローラ(細菌叢)検査の分野で国内トップクラスのベンチャー企業「サイキンソー」と、エイベックス・スポーツ所属のヨガインストラクターaya(あや)さんが協力した。初日、参加者はayaさんの指導によるヨガストレッチで心身をリラックスさせた後、同社スタッフから腸の健康についての講話を聞き、腸に優しい飲み物作りの実習に取り組んだ。

 ヨガストレッチでは、正しい呼吸法で緊張を緩める動きを行った。ayaさんの「円を描くような気持ちで呼吸することが大切」「心身がリラックスすれば、腸の動きも正常になる」などのアドバイスに耳を傾けながら、ゆっくり体を動かした。

 講話では、事前に行った腸内フローラ簡易検査の結果を基に参加者を4タイプに分けて、同社スタッフが効果的な食事や運動を提案した。「ゆるゆる型」は食物繊維、「ストレス型」は発酵食品が効果的などと分かりやすく説明。講話を聞いた後、参加者はそれぞれのタイプに合ったスムージー作りの実習に取り組んだ。初日の夕食と翌日の朝食は、腸内フローラを整える効果のあるメニューを用意した。

 東京都江東区から参加した会社員村上美和さんは「温暖で温泉もある伊東で健康づくりに取り組めるのは魅力的。効果が期待できそう」と話した。同社の沢井悠社長は「新たな行動を起こすために、非日常的な空間が役立つ。このツアーが生活改善や健康づくりのきっかけになることを期待している」と話した。

 実行委は今後、モニターツアーの結果を検証して、商品化の可能性を探ることにしている。

 【写説】ayaさんの指導でヨガストレッチに取り組む参加者=大田区立伊豆高原学園

各地の最新の写真
伊東
クマガイソウ200株見頃 伊東市十足・稲本さん宅
下田
タイムカプセル開封 重文まつり合わせ、10年前の旧岩科小生
中伊豆
八重姫、侍女の霊慰める 保存会が女塚供養祭―伊豆の国
熱海
「成長のために努力を」 世界青年の船に参加―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)