ビッグサイズで大満足!常連客のリクエストで誕生した伊東市民のソウルフード♪“ぎおんのからあげ”<祇園>【伊東市】

2017年12月24日

3枚目/13枚中

 伊東市民の誰もが食べたことがあるという伊東を代表するソウルフードが、創業70余年の駅弁の老舗・祇園の「いなり寿(ず)し」。

 同店の名物は数々あれど、名物いなり寿しと肩を並べる大ヒット商品が、今回紹介する「ぎおんのからあげ」。3個入り、530円。

 「“ぎおんのからあげ”ってそのままじゃん。なんか、工夫とか、ひねりはなかったのか」なんて、突っ込みが聞こえてきそうだが、このわかりやすいネーミングには理由がある。

 「ネーミングはシンプルに、市民の皆さんが昔から呼んでいた名前をそのまま採用した」と社長の守谷匡司さん。

 そもそも、この鶏の唐揚げは、幕の内弁当のおかずの一つだった。ふたを開けると、こぼれんばかりにはみ出した大きな唐揚げは、インパクト大。おかずの一つでありながら、市民から“ぎおんの唐揚げ”と命名されたことからその人気のほどがわかるというもの。

 「唐揚げだけを腹いっぱい食べたい」という常連客の唐揚げ熱は年々、ヒートアップ。そんな熱烈なラブコールに応え、2012年、“ぎおんのからあげ”の販売を開始した。

 国内産の銘柄鶏のモモ肉を使用し、秘伝のタレで味付けした唐揚げは、「冷めてもジューシー」「一つでご飯何杯でもいける」と世代を問わず、大好評。駅弁と一緒に購入する客も多いという。

 守谷さんは「市民のみなさんに愛されてきた“ぎおんのからあげ”は、ビールの友としても最高。弁当はもちろん唐揚げも、1個から取り置き可能なので、気軽に問い合わせしてほしい」と話す。

 冒頭に紹介した元祖ソウルフードの“祇園のいなり寿し”だが、初めて食べた人は、「わっ、甘~~~い!」とその味付けの甘さに驚くが、2個3個と食べ進めると、知らず知らずのうちにすっかりとりこになってしまう不思議ないなり寿しだ。

 市民の“いなり寿し愛”は深く、いなり寿しをおかずに白飯を食べるという人も珍しくない。観光客のリピーターも多く、伊東を訪れるたびに購入するという根強いファンもいる。

 また、鶏の照り焼き、卵焼き、シイタケの煮つけ、タケノコなどが入った「とりめし弁当」や、サケとワカメのおにぎり各1個と唐揚げ、卵焼き入りの「おにぎりランチボックス」、いろいろ食べたい人にオススメの「幕の内弁当」などメニューは豊富。

 伊豆の旅・・・電車派? マイカー派? どちらの旅も「祇園の駅弁」で決まり!

<駅弁の祇園> ※一つから取り置き可。前日までに連絡すると確実。 
◆本店
住所:伊東市広野1-2-15
予約・問い合わせ:0557-37-3366
営業時間:午前7時~午後6時
年中無休・駐車場あり
◆伊東駅店
住所:JR伊東駅(伊東市湯川3丁目)
営業時間:午前7時~午後6時
年中無休
◆道の駅・マリンタウン店
住所:道の駅・伊東マリンタウン内バザール棟(伊東市湯川571-19)
年中無休・駐車場あり
◆伊東ショッピングプラザ・デュオ店
住所:伊東市玖須美元和田720-143
年間数日休みあり・駐車場あり

最新写真特集

おでかけガイドトップへ 伊東 熱海 伊豆高原 河津 下田 南伊豆 松崎 修善寺 天城 西伊豆 土肥 函南 三島 伊豆の国 東伊豆 沼津 戸田 アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報
イズハピ動画