写真がつなげる地元民とラブライバーの輪♪“ラブライブ!サンシャイン!!聖地巡礼旅”で沼津の魅力、再発見!<つじ写真館>【沼津市】

2017年08月10日

ラブライバーが撮った写真や、手作りのラブライブ関連の作品が並ぶ店内

1枚目/15枚中

ラブライバーが撮った写真や、手作りのラブライブ関連の作品が並ぶ店内

 沼津市内浦地区を舞台にした人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地巡礼に訪れる「ラブライブ!サンシャイン!!」のファン(ラブライバー)で沼津市は大にぎわい。

 沼津市内の店舗や施設がコラボした公式オリジナルのご当地スタンプや、缶バッジの販売の他、先日行われた「沼津夏まつり」に主人公のスクールアイドルAqours(アクア)の声優9人が参加するなど、ラブライブ人気はますますウナギのぼり。

 多くのラブライバーが集う場所として、三の浦観光案内所がよく知られているが、上土(あげつち)商店街にある「つじ写真館」が、今、知る人ぞ知るラブライバーの憩いの場となっている。

 店内にはラブライバーが撮影した写真や手作りのラブライブ関連作品が飾られ、2016年9月にスタートした「ラブライバー・フォトブック」は、20冊以上、写真の数は3000枚を超えるという。

 同時期に始めた外の黒板アートも大好評で、Aqoursメンバーの誕生日や、クリスマスなど季節の行事に合わせて内容を変え、人気の撮影スポットとなっている。

 近ごろ、携帯カメラやデジカメで撮影し、SNSに投稿する程度でプリントせず、データをそのままにする人が増えているが、そんな中、カメラ女子を中心に、昔はやった“使い捨てフィルムカメラ(レンズ付きフィルム)”が大流行中。

 シャッターを押すだけで、誰でも簡単にフィルム写真が撮れるお手軽な使い捨てフィルムカメラ自体を知らない世代も多く、「使い捨て」と聞いて、写真を撮影した後、プリントせずにそのまま捨ててしまったという笑えないエピソードもあるとか。

 デジカメや携帯カメラとは違う、ネガフィルムが出す独特の風合いがフィルム写真の大きな魅力。それぞれのカメラの違いを楽しむのも一興か。

 同写真館では、2017年1~3月、第1回ミニフォトコンテストを開催した。入賞作品は5月の大型連休まで展示され、多くの人が来店したという。

 スタッフの峯知美さんは、「プリントが出来上がるのを待っている間のおしゃべりが楽しい。写真を見て、同じ場所に行きたいとか、どんなアングルで撮ったのかと、ファン同士でラブライブ談議、写真談議に花が咲く。若者たちの斬新な視点にはいつも驚かされる。アニメに詳しいラブライバーと、沼津に詳しい地元の人が写真を通して情報交換できる場になれば」と話す。

 同写真館を訪れたのをきっかけに、すっかり写真の魅力にはまり、聖地巡礼アルバムを作ったり、ツイッターで仲間同士つながったりと、写真を通じてコミュニケーションの輪がどんどん広がっていくのを実感した峯さん。

 「写真のこと、沼津のことなら、いつでも気軽に相談してほしい」。取材当日も数人のラブライバーが峯さんと写真を見ながら、談笑していた。

 写真好きで知られるAqoursメンバー・黒沢ルビィ役の声優・降幡愛さんも、フィルムカメラで撮影した沼津の風景など、フィルムでしか味わえない良さを発信している。

 写真がつなぐ地元民とラブライバーの輪。心温まる交流エピソードを聞きながら、しばらく忘れていたフィルム写真の味わい、現像が完成するまでどんな写真ができあがるのかわからない“ワクワクドキドキ感”を久しぶりに思い出した。

 「せっかく撮った写真はプリントしないともったいないですよ」と峯さん。まずは、パソコンに保存している写真データの整理から始めてみるか。(M)

◆店名:つじ写真館
◆住所:沼津市上土町36
◆電話:055-962-1384
◆営業時間:午前9時半~午後7時
◆定休日:水曜日

最新写真特集

おでかけガイドトップへ 伊東 熱海 伊豆高原 河津 下田 南伊豆 松崎 修善寺 天城 西伊豆 土肥 函南 三島 伊豆の国 東伊豆 沼津 戸田 アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報
イズハピ動画