古民家の座敷で見る映画!巨匠監督作品から若手インディーズ作品まで<伊豆映画祭in土肥劇場>8月31日まで【伊豆市】

2017年08月03日

4枚目/12枚中

 西伊豆・土肥の古民家を利用した“お座敷映画館”で、8月1日から<伊豆映画祭in土肥劇場>が開かれています。同劇場は、映画「海のふた」で主人公の家として登場する古民家を利用し、和室の座布団に座って見る、まさに“お座敷スタイル”の映画館です。

 入場料は、映画1本につき、千円。ソフトドリンク付き。※特別料金の映画もあり。

 土肥で撮影され、多くの住民たちもエキストラ出演した、よしもとばなな原作の映画「海のふた」や、同館館長でもある瀬戸慎吾さんが監督した「軽やかに地平を狙え!」をはじめ、日本アカデミー賞受賞作品「桐島、部活やめるってよ」や、宮沢りえ主演の「湯を沸かすほどの熱い愛」の他、「レミングスの夏」「ゆめのかようじ」など五藤利弘監督特集、五島に住む家族を22年追った感涙のドキュメント「五島のトラさん」なども上映します。

 8月13日に、「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太監督が来館する他、開催期間中には「バット・オンリー・ラブ」の佐野和宏監督や女優も来館予定。

 カフェバーではかき氷、ランチタイムにはスパイシーカレーの提供もあり、午後7時半からは、酒を飲みながらの映画よもやま話に花が咲く和風バーに変身します。

 また、午前10時~午後0時45分と、最終映画終演後は、「VRもののけ屋敷」が体験できます。大人1000円、高校生以下は500円。

 トークショーやライブ、「会談噺(ばなし)」などもあり、監督や出演者、著名人など多彩なゲストが来館予定なので、上映後、運が良ければ映画談議ができるかも?!最終日の8月31日の最終上映は「軽やかに地平を狙え!」。その後、夏フェスの打ち上げと土肥映像集の無料上映を予定しています。

 スローな時間が流れる町のノスタルジックな映画館で見るお座敷映画、西伊豆の夏の思い出にいかがでしょう。(M)

◆施設名:古民家映画館「土肥劇場」
◆営業期間:2017年8月1日(火)~8月31日(木)
◆営業時間:午前10時~午後12時
◆料金:映画1本 千円(ソフトドリンク付き)※特別料金の映画もあり。10歳まで観賞無料。
◆住所:伊豆市土肥206
◆電話:050-5309-2477
◆駐車場:5台

最新写真特集

おでかけガイドトップへ アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報 東伊豆ガイド 南伊豆ガイド 西伊豆ガイド 北伊豆ガイド 中伊豆ガイド
イズハピ動画