新メニュー登場!伊豆・松崎産さくら葉を使用したこだわりかき氷“桜さくら”<ふわふわかき氷 HELLO>【伊東市】

2017年07月06日

7枚目/11枚中

 緑に囲まれた伊豆高原・大室山近くにある<ふわふわかき氷 HELLO>が、7月1日から本格営業を開始し、待ちわびたかき氷ファンで連日、にぎわっている。

 オープン2年目となる今年の新作メニューは、伊豆・松崎産の桜葉を使用した「桜さくら」。自家製の甘酒をベースに、国産桜葉の全国生産量日本一を誇る伊豆・松崎町産の桜葉を使用したシロップは、淡い桜色で、同店自慢の“ふわふわ氷”とのコントラストが美しい。

 かき氷に添えられた桜葉餡(あん)や、食べ進んでいくと出てくる寒天、別添えの桜葉スムージーなど、「最後までおいしく食べられるように」というオーナー・影山誠一(まこと)さんのこだわりに驚嘆。かき氷なのに、まるで和菓子の桜餅を食べているかのような味わいも一興だ。

 影山さんは、「伊豆高原に移住して、初めて伊豆の桜の素晴らしさを知った。1月のカンザクラから、河津桜、オオシマザクラ、ソメイヨシノと次々と咲く桜に感動。日本一の松崎の桜葉を使って、究極の桜のかき氷を作ろうと思った」と話す。

 試行錯誤すること1カ月、「もうダメか」と、あきらめかけた時、偶然テレビで見た麹(こうじ)にヒントを得、甘酒と桜葉の組み合わせを思いついたという。

 8時間かけて作る自家製甘酒は、ほんのりとやさしい甘さ。練乳、桜葉シロップのダブル掛けが、口に入れた瞬間に溶けてなくなる“ふわふわ氷”をより一層、際立たせる。

 また、昨年より進化したという「生イチゴミルク」は、伊豆産のフレッシュな紅ほっぺイチゴと砂糖を何層も重ね、発酵させて作った特製ジュースを使用。日持ちがしないため、毎朝、仕込んだ分のみ提供。午後2時ごろには売り切れの場合もあるので、早めの来店がオススメ。

 影山さんは、「1番人気は生イチゴミルク。フレッシュパインとギリシャ風ヨーグルトを使用した“パイナップルヨーグルト”は、フレッシュパインの深みのある味が好評で、リピーターが多い」と話す。

 他に、影山さんが、“かき氷の域を超えたスイーツ”と称するコーヒー寒天入りの「キャラメル」や、練乳の上にココアをかけた見た目も美しい「ココアミルク」、シロップに伊豆のミカンの果肉と皮のみを使用した「みかん山」、餡(あん)、黒蜜、寒天とかき氷からあんみつへの変化を楽しむことができる「抹茶ミルク」などがある。

 かき氷愛にあふれるオーナーの進化系かき氷。次はどんなかき氷が登場するのか、要チェック!(M)

◆店名:ふわふわかき氷 HELLO
◆住所:伊東市大室高原3-509
◆電話:090-2683-5064
◆営業時間:午前11時~午後4時半
◆定休日:水曜・第1木曜
◆駐車場:あり

最新写真特集

おでかけガイドトップへ アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報 東伊豆ガイド 南伊豆ガイド 西伊豆ガイド 北伊豆ガイド 中伊豆ガイド
イズハピ動画