この夏チェックしたい!熱海のパワースポットでいただく新作グルメ5種♪ <熱海来宮神社>【熱海市】

2017年07月03日

1枚目/23枚中

 熱海・来宮神社の境内にある癒(い)やしのスポット「大楠五色の杜(もり)」、オープンカフェ「茶寮・報鼓(ほうこ)」、門前「お休み処」で、夏の新作グルメ5種が登場しました。

 竹林に囲まれ優しい風が吹き抜ける「大楠五色の杜」では、器が選べる「祝の菓子と静岡抹茶セット500円」に冷抹茶が加わり、「神饌(しんせん)・ところてん」は麦こがしと黒蜜味、だいだい酢味、2種の味わいが楽しめます。氷が揺れる桶(おけ)の中に“水の町”三島市「柿田川」の名水を使用したところてんが入り、竹はさみで筒にセットして楽しむというもの。ひと手間が楽しく、涼しげな演出がされています。

 他にも、「伊豆産甘酒・300円」、「麦こがし入りわらび餅・350円」も人気。

 オープンカフェ「茶寮・報鼓」では、「だいだいとマンゴーのスムージー・500円」が新登場。シャリシャリとした、さわやかなシャーベットが夏の暑さを和らげてくれます。

 「お休み処」では「だいだいモヒート・600円」と、インパクト“大”の「メヒカリバーガー・600円」が注目を浴びています。

 本州第1位、樹齢2千年を超える大楠へ続く参道に、シルクの暖簾(のれん)が設置され、その先に圧倒的な迫力で鎮座する「御神木・大楠」。思わず感嘆の声をあげる参拝者も多くいます。

 SNSアプリ「インスタグラム」人気から、ハートの落ち葉を描くユーモアも効かせ、粋な演出がそこかしこに施されています。

 自然のぬくもり、幻想的な世界をより感じてほしいと、来宮神社が立ち上げた「the Kodama Forest Project(ザ・コダマ・フォレスト・プロジェクト)」は、夕暮れになると、草や木々に宿る木霊(こだま)に見立てた優しい灯りが、大楠を淡く照らし出します

 盆の期間中、社務所屋上では“来福スイーツ”をはじめとする土産物や、各種フロート、スムージーの販売など、出店感覚で楽しめる催しを予定しています。
 来宮駅から徒歩5分。伊豆随一のパワースポットは、この夏も見逃せない注目のエリアです。(T)

 
◆「茶寮・五色の杜」営業時間/午前10時~午後4時半
◆「五色の杜」ライトアップ/夕暮れ~午後11時
◆「大楠ライトアップ」/夕暮れ~午前0時
◆静岡県熱海市西山町43-1
◆電話番号/0557-82-2241

最新写真特集

おでかけガイドトップへ アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報 東伊豆ガイド 南伊豆ガイド 西伊豆ガイド 北伊豆ガイド 中伊豆ガイド
イズハピ動画