相模灘一望の絶景宿♪150種のバイキング料理に舌鼓!<大江戸温泉物語 ホテル水葉亭>【熱海市】

2017年05月06日

絶景露天風呂・華魅の湯から望む夜明けの風景

1枚目/32枚中

絶景露天風呂・華魅の湯から望む夜明けの風景

 2017年4月、熱海市伊豆山にリニューアルオープンした「大江戸温泉物語 ホテル水葉亭」。1951(昭和24)年創業の老舗ホテル水葉亭が2016年8月に閉館した後、「大江戸温泉物語」が取得し、歴史ある老舗旅館の良さを残しつつ、大浴場とレストランを中心に大規模な改修工事を行い、リーズナブルな価格で泊まれる絶景宿としてデビューした。

 伊豆山漁港の真上、60メートルの高台に位置する同館は、相模灘を一望する絶好のロケーション。6階ロビーや露天風呂から望む朝焼けは、「熱海随一」と言われ、その絶景をより多くの宿泊客に楽しんでもらおうと、今回、オーシャンビューの客室や和洋室を新規に27室増室した。

 また、大幅リニューアルした大浴場は、相模灘の絶景と森の緑の両方が楽しめる「森羅(しんら)の湯」と、白やブルーを基調にしたさわやかな印象の「蒼海(そうかい)の湯」の二つ。

 昔から、「美人の湯」として知られ、湯あたりがとても柔らかく、肌にやさしいとされる弱アルカリ性の温泉は、肌がすべすべになると女性客に大好評。源泉は約1300年前に発見された日本三大古泉の一つ「走り湯」から2本と、自家源泉2本の計4本と、豊富な湯量を誇る。

 視界をさえぎるもののない絶景露天風呂「華魅(はなみ)の湯」は、時間による男女入れ替え制。太陽が昇るにつれ変化する夜明け~朝焼けの風景は、旅の大きな思い出になるはず。

 最大246人収容可能のレストラン会場では、調理人を5カ所に配置した全長20メートルのライブキッチンコーナーを設け、海鮮串焼き、天ぷら、串揚げ、ブイヤベースなどの熱々の料理を提供する。イタリアンのライブキッチンは珍しく、出来立てのパスタは特にオススメだという。

 新鮮な海の幸の刺し身や、寿(す)し、前菜、揚げ物、スイーツコーナーなど、朝夕合わせて150種のメニューをそろえ、伊豆名物の「キンメダイ」の刺し身も1年を通じて提供し、同館風にアレンジした「ご当地のまご茶漬け」はスタッフ一押しの品。

 料金は1泊2食付きバイキングプランで、平日大人9980円(税別)~。支配人の小林伸一郎さんは「素晴らしいロケーションと、温泉、大江戸温泉物語自慢のバイキング料理を楽しんでほしい」と話す。熱海市内には他に「大江戸温泉物語あたみ」があり、同館は2施設目。

 東京から新幹線で、最短38分の熱海。海、山の幸、景色を堪能でき、財布に優しい宿の誕生は、ますます“熱海ブーム”を加速させることだろう。(M)

◆施設名:大江戸温泉物語 ホテル水葉亭
◆住所:熱海市伊豆山190-1
◆電話:0570-060268

最新写真特集

おでかけガイドトップへ 伊東 熱海 伊豆高原 河津 下田 南伊豆 松崎 修善寺 天城 西伊豆 土肥 函南 三島 伊豆の国 東伊豆 沼津 戸田 アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報
イズハピ動画