サイクリストやワンコ連れに大人気!田園風景を眺めながらのカフェタイム♪<カフェ&ショップ・黒玉テラス&Dog>【伊豆市】

2017年03月30日

人気のランチメニュー&スイーツ

1枚目/22枚中

人気のランチメニュー&スイーツ

 1882(明治15)年創業の飴(あめ)の老舗「出口の黒玉」が、移転オープンしたカフェ&ショップ「黒玉テラス&Dog」が、伊豆を旅する犬連れの客から「ワンコにやさしいカフェ」として注目を集めている。

 木のぬくもりあふれるカフェスペースは、天井が高く、明るく開放的で、建築家こだわりのおしゃれな空間が、心地良い時間をつくり出す。

 オーナーの一押しメニューは、「伊豆牛と地場野菜の贅沢(ぜいたく)カレー」。伊豆の国市・ひらい牧場の伊豆牛、タマネギ、トマトなどの野菜をふんだんに使用し、隠し味に伊豆の国市の農家の完熟イチジクのペーストを入れることにより、「ピリリと辛い中に、フルーティーさが感じられるこだわりのカレー」に仕上がった。

 また、女性に人気なのは、数量限定の日替わりの「本日のランチプレート」。ハンバーグや、チキン南蛮などのメーンデッシュの他、煮ものやサラダなど伊豆の食材を豊富に使った副菜が並ぶ。

 抹茶アイスと小豆の添えられた和風フレンチトーストや、冬場は自家製餡(あん)を使用した「おしるこ」などスイーツメニューも充実している。

 また、同店では犬連れの人に快適に過ごしてほしいと、水の提供は無料。犬のみ、「お通し」があり、犬専用メニューの「ワンコワッフル」は注文を受けてから焼くなど、至れり尽くせりの厚待遇だ。※テラス席はペット可。小型犬のみ店内も可。

 最近、増加中のサイクリストのために「サイクルラック」も設置され、愛車を眺めながら、安心して食事やティータイムを楽しむことができると大好評。

 カフェ横のショップでは、伝統の味「黒玉」や、「みそ」「みるく」「抹茶」「みかん」などの飴、伊豆土産、地場野菜も販売している。

 体に良いとされる「素焚糖(すだきとう)」などの厳選素材を使用した「プレミアム黒玉」は店主一押しの商品だという。

 天城・湯ケ島生まれの作家・井上靖の自伝的作品「しろばんば」の中で、主人公・洪作が、おぬいばあさんに朝、もらうひねり紙に包まれた黒砂糖の飴玉「おめざ」も期間限定で販売している。

 大き目の黒玉に素焚糖をまぶしたまろやかな味わいが、どこか懐かしい味がすると、大量に購入するファンも多い。

 同店のスタッフは「田植えが終わった初夏~夏のテラス席からの景色はオススメ。キラキラ光るのどかな田園風景は、いつまでも眺めていたい風景」と話す。

 ランチは店内でのんびりと・・・食後はテラス席で「ビール」で乾杯。それぞれお好みのスタイルで過ごせるのも、同店の魅力の一つだ。

 「近くには観光スポットがたくさんある。季節や天候によってもオススメが違うので、気軽にきいてほしい」とスタッフ。

 伊豆の真ん中の癒やしカフェ<黒玉テラス&Dog>。伊豆観光の行きに、帰りに立ち寄りたい。(M)

◆店名:黒玉テラス&Dog
◆営業時間:午前10時~午後5時(ラストオーダー4時半)
◆住所:伊豆市門野原134-1
◆電話:0558-85-2525
◆定休日:火曜日 ※祝日は営業

最新写真特集

おでかけガイドトップへ アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報 東伊豆ガイド 南伊豆ガイド 西伊豆ガイド 北伊豆ガイド 中伊豆ガイド
イズハピ動画