伊豆からお得なプランで「椿まつり」開催中の伊豆大島へ行こう♪<東海汽船>

2017年01月31日

伊豆大島のツバキ

1枚目/8枚中

伊豆大島のツバキ

 東海汽船は、1月29日から開催されている「伊豆大島椿(つばき)まつり」に併せ、往復のジェット船代、観光バスでの島内観光、郷土料理を堪能できる昼食付きのお得な観光プラン「春うらら♪伊豆大島椿満喫バスコース」を1月1日から実施している。

 観光バスは、出港地~大島公園~三原山山頂口(昼食)~椿花ガーデン~ぶらっとハウスをめぐり、出港地にもどる。水、木曜日は、椿花ガーデンが、郷土資料館に変更となる。※郷土資料館は別途入館料(大人200円、子ども100円)が必要となる。

 他に、満喫Aコース、Bコース、Cコース、Dコースがある。

 発着地は、熱海、伊東、稲取の3ケ所。旅行代金は熱海発6000~7000円、伊東発5500円~6500円、稲取発5000~6300円と椿まつり開催中はさらにお得な料金となっている。

 5日間有効の往復ジェット船料金のみの船便限定「大島往復きっぷ」も好評販売中。熱海発3000円~3500円、伊東発2000~3000円、稲取発1500円~2500円。※運航期間により異なる。

 「椿まつり」は伊豆大島に春を告げる祭りで、島内いたるところに咲く美しいツバキを見ようと毎年、多くの観光客が訪れる。椿花ガーデン、大島公園の椿園、赤禿・新込間の椿並木、椿の森公園、泉津や沖の根、波浮山口の椿トンネルなど、見どころも多い。

 椿まつり期間中は、あんこ衣装の無料貸し出し、ツバキの名所や、観光施設で3カ所以上のスタンプを押すと、抽選で賞品があたる「椿のスタンプラリー」、「大島民謡」や、「あんこの手踊り」などの郷土芸能も披露される。メーン会場には、屋台も出店する。

 2月3日~3月19日の金・土・日曜日の午後7時半~9時、元町港船客待合所で「夜まつり」を開く。地踊りや、御神火太鼓の演奏、大島特産品の販売も行われる。

 また、島内宿泊施設に3月31日までに宿泊、現地で支払い決済をすると1泊に付き、3000円の宿泊割引きが受けられる「東京都宿泊割引」も実施している。問い合わせは、大島観光協会(電話 04992-2-2177)※上限2泊。利用状況により期限内に終了することもあり。

◆東海汽船
◆住所:東京都港区海岸1-16-1
◆申し込み・問い合わせ:03-5472-9999(東海汽船お客様センター)受付時間 午前9時半~午後8時

最新写真特集

おでかけガイドトップへ 伊東 熱海 伊豆高原 河津 下田 南伊豆 松崎 修善寺 天城 西伊豆 土肥 函南 三島 伊豆の国 東伊豆 沼津 戸田 アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報
イズハピ動画