パティシエ 浅賀正人<irodori> 【函南町】

2013年11月11日

3枚目/23枚中

 早朝5時。浅賀さんの1日が始まる。

 手入れの行き届いた築80年の日本家屋。季節の花々が、静かに彩りを添える。

■たくさんの出会い

 生まれ育った伊豆仁田に、念願の店をオープンして6年目。これまで、たくさんの縁にも恵まれた。ケーキ作りに集中できるように、内装を一手に引き受けてくれたデザイン事務所ケンブリッジの森さん、季節に合わせて庭作りをしてくれる職人、信頼する農家、毎朝庭を掃除してくれる父。志を同じくする仲間もついてきてくれた。

 そして何より、何度も足を運んでくれる常連や、遠く北海道からも訪れてくれるお客さまとの縁。

■「ずっと作っていたい。ケーキ作りは繊細で楽しい。」

 ひとつのケーキに1種類のフルーツ、カット面から見えるスポンジ、クリーム、フルーツが一体となった、重なり合う層が美しい。

 季節の果物に真摯に向き合い、主役を引き立てるためには、一切の妥協をしない。本物の素材を使い、手間を惜しまない。

 「今日の素材の味、湿度など日々の変化の中で、毎日同じレシピでは生かすことができないんです」。計量に頼ることなく、経験や指先の感覚で、その日最高の味を追求する。

 若手にもこんなアドバイスをする。「素材に向き合い、感覚で覚えること。その方が仕事は楽しくなる。前向きの失敗はいい」と。

 仕事に向かう上で心がけているのは、「心も体も健康であること。愛情のこもったケーキを作りつづけたいですね」。

■irodoriの空間

 凛とした和の空間に、重厚感あふれる洋風のソファ。蓄積された時間の深さに、美しさを増すアンティークの家具や小物の数々。そして、潔いまでの大きなケーキが、存在感を増す。

 「10年後、この畳も、壁の色も変わって、また深みがでてくると思うと楽しみ。ずっと変わらないこと、変わり続けること。どちらも難しいけれど、バランスが大切。居心地の良さと、おいしいと言ってくれる笑顔に応え続けたいですね」。

 休日はカフェや雑貨屋、アンティーク店を見てまわるのが趣味だそう。浅賀さんの人柄を映し出すirodoriの空間。お気に入りの本を持って、季節ごとに味わいたい。(T)

◆CAKE.CAFE.ANTIQUE  irodori

◆住所/静岡県函南町仁田195

◆電話番号/055−970−1666

◆営業時間/10:00~18:00

◆定休日/木曜日・第1、3水曜日

◆公式HP/http://www.irodori−nitta.com/

◆10歳以下のお子さまはご遠慮ください。

最新写真特集

おでかけガイドトップへ 伊東 熱海 伊豆高原 河津 下田 南伊豆 松崎 修善寺 天城 西伊豆 土肥 函南 三島 伊豆の国 東伊豆 沼津 戸田 アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報
イズハピ動画