伊豆路=ペップトーク(前国際観光専門学校熱海校校長・板垣典明)

2019年04月21日

 「ペップトーク」。聞きなれない言葉であった。去る2月22日に参加した私が所属する団体の研修テーマである。その研修の講師は「一般財団法人日本ペップトーク普及協会代表理事・岩崎由純氏」。氏は日本体育大学卒業後、米国に留学してアスレチックトレーナーとしての知識と技術を学び、日本を代表するトレーナーとして活躍している。

 その活動の中で、人に「元気」「活気」「勇気」を与えるトーク術「ペップトーク」の研究を併せて行い、それを確立し、現在その普及活動のため全国を忙しく駆け回っている。

 氏の教えを簡潔に表すと、「今日はすてきだね」と「今日もすてきだね」の違いである。「は」と「も」この1文字が相手に与える心理的な影響の大きさを説いている。また、「われわれは家庭に、職場に、あらゆる環境において人との関わりを持って生きている。それぞれが発する言葉が持つ力(言霊)の大きさに気づく必要がある。その上で言葉の使い方に興味を持ち、お互いが向上できる言葉を選んで発するべきだ」とも話してくれた。

 長いトークは不要で「ショートスピーチ」に徹すること。そして相手に話しかける時の態度や姿勢、目線までもが重要な要素になることを研修で示してくれた。氏の話術は素晴らしかった。冒頭より皆を氏の世界に引き込んでいた。氏と私は大学の同級生である。卒業後の37年間で大きな差が生じた気がした。

 インターネットで「跳び箱十段幼稚園」と検索してみてほしい。そこに「ペップトーク」の真髄が映し出されている。

 (熱海市、前国際観光専門学校熱海校校長)

各地の最新の写真
伊東
伊東海水浴場運営協 来月、事故防止へ会合―総会で稲葉会長再任
下田
下田高男子バレー東部V 25日から県大会「優勝し全国出場を」
中伊豆
伊豆市議会が報告会 一般会計予算概要を説明
熱海
人形で胸骨圧迫実践 本年度初の救命講習会―熱海市消防本部

最新写真特集