日曜健康便 244=酒飲む機会多く気になる塩分、カロリー おつまみに工夫を(県東部健康福祉センター・宇津木志のぶ)

2019年04月15日

塩分、カロリー おつまみに工夫を
塩分、カロリー おつまみに工夫を

 春は新生活がスタートする季節です。歓送迎会が開かれ、お酒を飲む機会が増える人も多いと思います。健康に気をつけている人は、エネルギー(カロリー)や塩分が気になりますね。

     ◇……………………◇

 お酒のおつまみは味が濃いものが多いため、気付かずに塩を取り過ぎる傾向があります(※図)。そこで、肥満や高血圧の対策として、食塩を取り過ぎない「おつまみ」の選び方のコツをご紹介します。

 「塩を取り過ぎない」というと、調味料を控えるしか方法がないと思っていませんか? 実は食品の選び方でも、食塩を控えることができます。

 漬け物、干物、練り物、肉の加工食品などには食塩が多く含まれています。これらの食品を控えるか、食べ過ぎないように気をつけてください。

 しかし、歓送迎会など人に招かれている場合、メニューが決められていることも多いですね。そのようなときは、まず、野菜をしっかり取りましょう。野菜や果物に多く含まれるカリウムは、取り過ぎた食塩(ナトリウム)を排せつする働きがあります。

 また、最初にたっぷりの野菜を食べると、食物繊維でおなかが膨れ、食べ過ぎや飲み過ぎを防いでくれます。

 食塩やアルコールの取り過ぎに注意して、健康的に新生活をスタートしましょう。

【県東部健康福祉センター・宇津木志のぶ 電055(920)2112】

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集