日曜健康便 212=体の機能を理解し夏を安全に 汗蒸発促し体温調節(県総合健康センター所長=指定管理者シンコースポーツ・

2018年08月26日

 今年は記録的な暑さとなっています。40度を超える地域もあり、こう暑い日が続くと体にもこたえます。熱中症のニュースも毎日のように報じられているほどです。

     ◇……………………◇

 そこで今回のテーマは「体温調節」についてです。私たちの体は外気に影響されることなく体温を一定に保つ機能が備わっています。暑い時には血管を広げて、熱くなった血液を循環させ熱を外に出そうとしたり、汗をかいて体内の温度を下げようとします。このように体温調節には、血液や汗と言った水分が大きく関わっています。

 しかし、これだけ暑い日が続くと体温の調節機能が追いつかなくなってしまいます。そんな時に知っておきたいことがあります。汗をかくことで体温が下がるのはどうしてでしょうか? それは、皮膚についた汗が蒸発し、気化熱として体内の熱を逃がしてくれるからです。

 また、ぽたぽたと流れる汗は、効率よく体温を下げることができません。このような状態をそのままにしておくと、汗が出ても体温が下がらずに汗が出続けてしまい、体内の水分がどんどん失われていき、やがて脱水状態になってしまいます。

 そこでポイントは、汗をかいたらタオルなどでこまめに拭き取り、汗の蒸発を促すことです。また、服装は通気性が高く速乾性のものを着るようにしましょう。

 体の機能を理解して、暑い夏を楽しく安全に過ごしましょう。

【県総合健康センター所長=指定管理者シンコースポーツ・木本愛郎 電055(973)7000】

 【写説】汗をかいたらこまめに拭き取り、蒸発を促し効率よく体温調節をしよう

各地の最新の写真
伊東
いでゆ鎌田会は市民病院清掃 社会奉仕の日に合わせ伊東市老ク連
下田
息止め、潜水など3種目 フリーダイビング―下田大会に25人
中伊豆
沼響弦楽四重奏など鑑賞 三嶋暦の会演奏会に80人 
熱海
黄金色に輝くススキ 野山、道路沿いで穂開く―熱海市郊外

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)