トップに聞く=小林テレビ設備 渡辺良平社長(75) 下田市三丁目

2018年06月13日

「ピンチをチャンスに」と語る渡辺社長
「ピンチをチャンスに」と語る渡辺社長

 ■まちづくりの番組重視

 人口減に伴いCATV(ケーブルテレビ)の運営が厳しさを増す中、昨年3月に格安スマートフォンの取り扱いを始めた。今年4月には会員制有料ネット配信事業に乗り出すなど、ピンチをチャンスに転換する攻めの経営戦略を展開する。

 「ITの進歩で線(有線)がいらない時代が来ている。ネット、スマホ、テレビの三つを上手に案内していくのが、これからの大きな仕事」と考えている。

 鉄鋼商社の常務取締役を退任した2007年9月、買収により経営を引き継いだ。11年のデジタル化を乗り越え、CATVのサービスエリアを拡大して取材スタッフも増やした。

 首長対談や議員座談会など、まちづくり関係の番組を重視し、自ら司会も務める。「人口減に危機感を抱いている。人がいなくては会社も地域も成り立たない。首長や議員の考えを知り、みんなで力を合わせていくことが大事」。そんな地域貢献への思いが経営の原動力になっている。

 ……………………………………………………………………………

 ◇下田市一丁目2の23〈電0558(22)5232〉。1972年創業。スタッフはパートを含め12人。有線テレビ放送、ネット送信、スマホ販売。

 【写説】「ピンチをチャンスに」と語る渡辺社長

各地の最新の写真
伊東
メガソーラー建設予定地 杉本衆院議員が視察―伊東・八幡野地区
下田
花供え合掌 寺院に墓参者次々―下田
中伊豆
陸上100メートル障害、小早川さん(修善寺1年)全中へ―伊豆
熱海
先祖しのび手合わす 盆入り、霊園、寺院に墓参者―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)