第10回伊東温泉つつじ祭りレディース囲碁大会プロアマ公開指導対局(下)

2018年06月11日

 ■白・北川恵子五段(滋賀県) 定先・郡よし子四段(伊東市) 自戦記/郡よし子

 大会2日目は日本棋院プロ棋士望月研一七段とAクラス優勝者北川恵子五段の公開指導対局です。

     ◇……………………◇

 壇上に碁盤を挟んで望月プロと北川さん。プロジェクターを使ってスクリーンに大きく棋譜が映し出されます。大盤解説に囲碁連盟佐々木栄会長と鈴木行夫理事。パソコン操作はK氏。手合いは五子。さてどういう展開になりますか? 全員北川さんを応援しています。大盤解説を聞きながらスクリーンに映し出される一手一手に一喜一憂し、観戦です。

 局後、望月プロの解説では白5のカカリに手抜きをして黒6へまわったのはよし。その代わりに左下隅に両ガカリされた時黒8と受けずに28へ打って黒6の顔を立てるのが良かった。両ガカリされて「分からない」「迷う」時は「手抜きが有効だ」と。黒10でも白1と白3を割る手を打てればよかった。右下白25のツケに黒26と受けて白27。ここで右下の攻防に手を抜いて28と他へ向かったのは問題。二目の頭を85とハネるのと逆に29とハネられるの差は一目瞭然。以下プロの華麗な打ちまわしと北川さんの頑張りをご覧ください。最終局面、黒は上辺に大きな地を確保できました。数えて黒4目負け。最後までつぶれないように(北川さん談)平常心で打ちきった北川さんに拍手です。

 そのあとの指導碁には申し込み多数で十面打ちを2回もしていただくことに。局後の解説をお聞きして棋力向上に役立てます。また「大会で全敗だったけれど望月先生に勝たせていただいた!」と幸せな気持ちで帰路に就いた方もいらっしゃいました。

 余談ですが大会中の空き時間に指導碁を打っていただいた男性陣は1人だけ数えられる碁になり4目負け、その他の人は全て中押し負けだったとか。恐るべしプロの力! 望月先生有難うございました。こうして10周年記念大会が終わりました。

 【図版】第3譜(1~223)白4目勝ち

各地の最新の写真
伊東
丹精した70種、100鉢 伊東・友の会「夏の山野草展」
下田
鮮魚、干物特売など盛況 伊豆漁協水産まつり―下田
中伊豆
「スイカまつり」にぎわう 6産地の食べ比べ好評―GW函南
熱海
歌、美術、書など成果披露 15団体参加し総合発表会―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)