子どもジャーナル―指導日誌=礼儀と闘志、大切に(熱海剣道十心会指導者 吉川学)

2018年03月21日

 礼儀と闘志。これを大切に剣道を続けています。子どもたちに何かを教えるためには、まずは自分ができなくてはいけない。矛盾するようだが、礼儀と闘志を大切にしつつ、子どもたちにも同じように大切にしてもらいたいと考えています。

 子どもたちに指導している中で、時に教わることもあります。「真面目であること」。それを教えてくれたのは子どもたちでした。

 剣道に真剣に取り組む子どもは着実に伸びていく。真面目とは手を抜かないこと。それは剣道だけではなく、普段の生活にもいえることでしょう。

 剣道十心会は菊地昌司代表をはじめ、周りの指導者も皆剣道に真面目な人ばかり。人に何かを教えるということがあまり得意ではないですが、これからも子どもたちと一緒に成長していけるよう、真面目に取り組んでいきたいと思います。

各地の最新の写真
伊東
一時不停止多い自転車事故の原因 伊東商高で交通講話
下田
「今年こそ優勝を」 小学生カッターチーム始動―南伊豆
中伊豆
国際的価値証明など10項目 GGNの指摘クリア―伊豆ジオ
熱海
リーダー講習会など継続 熱海市子連が総会

最新写真特集