身近な法律講座 67=【高齢者に関わる法律問題 23/成年後見制度 3】必要な支援に応じ三つの類型(伊奈綜合法律事務所・

2018年02月12日

成年後見制度3 必要な支援に応じ三つの類型
成年後見制度3 必要な支援に応じ三つの類型

 法定後見に後見、保佐、補助の三つがあることは前回見ました。判断能力が衰えた人にとり、法定後見の三つのどれが適切であるのかは、判断能力の衰えの程度によります。

     ◇……………………◇

 ここでの判断能力のことを事理弁識能力といいます。物事やその意味を認識し理解する能力のことです。

 後見は事理弁識能力を「欠く常況にある」場合、保佐は「著しく不十分」な場合、補助は「不十分」な場合とされています。段階に応じて法定後見の種類が変わってくることとなります。

 ここで、用語の意味を明らかにしておきます。支援する人たちを後見人、保佐人、補助人と言います。支援される人たちを被後見人、被保佐人、被補助人といいます。能力の衰えの程度が違うことに伴い、後見人、保佐人、補助人に与えられる権限も変わってきます。

 後見人は、日用品の購入など日常生活に関する行為以外全ての法律行為についての代理権が与えられます。日用品の購入などの日常生活に関する法律行為については、被後見人自身が行えます。

 しかし、それ以外の自動車の購入や家を建てるための契約などを被後見人が行った場合、取り消すことができてしまいます。もっとも、後見人には追認権があるので、後見人が追認した場合、その契約は完全に有効となり取り消すことができなくなります。

(小田原市・伊奈綜合法律事務所、伊豆の国市出身)

各地の最新の写真
伊東
伊東のメガソーラー林地開発申請 「条件付き」の異例許可
下田
子育て支援施設、分離し建設 町子ども会議に諮問―河津町 
中伊豆
修善寺・伊東駅から自転車競技会場へバス運行 五輪・パラ組織委 
熱海
幼年消防クラブ員 3園44人を任命―熱海市防火協

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)