伊豆路=一緒に遊びながら学ぶ(西伊豆町、NPO法人伊豆自然学校理事長・鈴木達志)

2018年01月28日

 「これは何ですか?」「良いところに気づきましたね~。さて何だと思いますか?」−。アウトドアインストラクター&ガイドとして、西伊豆の美しい海、山、川、そして里歩きなどの自然体験プログラムを提供しております。ガイド業は23年、気づけば西伊豆に移住して12年…。こちらでのガイド歴の方が長くなっちゃいました。

 さて、本題。都会からのお客さまにとって、自然は不思議がいっぱい。初めて見るもの、触るもの、そう、全てが初体験。知らないことだらけの未体験ゾーン。そこでほぼ100%の方が口にされる言葉が「これ何?」なのです。

 答えを教えることはしません。意地悪からじゃありませんよ。まずはお客さま自身に考えてもらうこと、感受性が何よりも大切です。子どもたちは、教科書や図鑑の生きものはよく知っています。潮だまりのヒトデやウニ、イソギンチャクなど名前は答えられますが、しかし…そこまで。硬いの? 軟らかいの? どんな動きをするの?

 「はい、触ってごらん」と差し出すと「キモイ、怖い」と手を引っ込めます。知識だけはあっても経験値ゼロ。絶対に興味を持たせちゃおうという、プロ意識がふつふつ。「ウニをひっくり返したらどうやって元に戻ると思う?」「???」「あっ、白くて軟らかそうな糸みたいなものが出てきたよ」「トゲが動いてる。すご~い」

 プログラムの目的としている本物体験は、まさに活(い)きた学習、考える力を育むこと。「これ何?」の小さな疑問が興味を持つきっかけとなり、ひょっとすると将来、専門の学者になってくれるかも。

 ガイド業、私の天職です。お客さまと一緒に遊びながら学ぶ、こんな楽しい職業他にはありませんよ!

各地の最新の写真
伊東
伊東ジュニア陸上に伊豆賞 本社からブロンズ像
下田
夜の河津桜、楽しみ歩く 観光客や住民ら170人―まつり実行委
中伊豆
中高生4人に手話指導 五輪・パラに向け講座―伊豆
熱海
生ワカメ詰め放題盛況 2イベント同時開催―熱海・長浜海浜公園

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)