子どもジャーナル・一押しの一冊=「さびしい時間のとなり けやき図書館物語」(ポプラ社)

2017年11月15日

「さびしい時間のとなり けやき図書館物語」を手にする桜井さん
「さびしい時間のとなり けやき図書館物語」を手にする桜井さん

 「本が読めるって、いいね!」というテーマでブックトークをしたときに出合ったのが『さびしい時間(とき)のとなり けやき図書館物語』(草谷桂子 作 ポプラ社)だ。生きるための知識と知恵がたっぷりつまった図書館が舞台の、高学年や大人にもお薦めしたい絶版で絶品の一冊。

 主人公は思春期の入口に立つ5年生の子どもたち。皆それぞれに生活があり、心に何かを抱えている。友達にも親にも言えないその何かを抱えきれなくなったとき、本と、けやき図書館と、そこに関わる人々が温かく見守っていた。そうしていつしか自分の力で悩みを乗り越え、成長していく姿は頼もしい。

 人々の交流と活動の場があり、利用者のさびしい心にも寄り添える職員のいる、理想の図書館がそこにある。

 あたみ図書館くらぶ 桜井恭子

 【写説】「さびしい時間のとなり けやき図書館物語」を手にする桜井さん

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)