子どもジャーナル・指導日誌=柔道の魅力知って(函南柔道会指導者 松岡政文)

2017年10月18日

 柔道創始者の嘉納治五郎先生の言葉に「精力善用」と「自他共栄」がある。心と身を正しく鍛えることで社会に貢献できる人を育てる。全世界の柔道を志す者の基本だ。我々も礼に始まり礼に終わるというように、まず礼儀を身につけさせることから始める。例えば、道場だけでなく日常生活でも率先してあいさつできるように教えている。

 「勇猛精進」をモットーに掲げているが、これは何にでも挑戦して精神を鍛えるという志のこと。一方で勝利に固執するのではなく楽しく一致団結して稽古するように指導している。特にけががないように安全第一なので受け身や打ち込みなどの基本練習に力を入れる。お互いの力量に配慮しながら指導している。

 今は多くの子どもたちに柔道の魅力を知ってほしい。オリンピックの時だけ世間は注目するが、相撲と同様に日本固有の武術だ。普及させたい。

各地の最新の写真
伊東
河津桜、季節外れの開花 本社駐車場の2本、数輪―伊東
下田
南伊豆・「いろう男爵」、伊豆トップ  ゆるキャラGP172位、県内4位
中伊豆
26日に天城みのり祭り 看板、かかし設置しPR―伊豆
熱海
原さん伊豆山小5年努力賞 税に関する絵はがきコンク―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)