熱視線=戦前の湯ケ島 ガラス乾板など発見(上)子どもたち

2017年10月01日

【写真1】湯ケ島小の運動会で騎馬戦に臨む男子児童。みな坊主頭で竹の棒を手に持ち勇ましい。昭和10年代の前半とみられる
【写真1】湯ケ島小の運動会で騎馬戦に臨む男子児童。みな坊主頭で竹の棒を手に持ち勇ましい。昭和10年代の前半とみられる
【写真2】湯ケ島小の学校沿革史によれば地域の寄付で1934(昭和9)年に鉄棒などを充実させた。3年後に県主催の田方郡第2支部教育会体操研究会が同校で開かれ、その模様だろうか。子どもたちの体育授業風景を田方郡の校長ら?が見守る
【写真2】湯ケ島小の学校沿革史によれば地域の寄付で1934(昭和9)年に鉄棒などを充実させた。3年後に県主催の田方郡第2支部教育会体操研究会が同校で開かれ、その模様だろうか。子どもたちの体育授業風景を田方郡の校長ら?が見守る
【写真3】狩野川上流で川遊びをする女子。西平橋下流か。水着のほか下着姿の子もいる。中央左側の子は五輪マークの付いたキャップをかぶる。幻に終わった1940(昭和15)年の東京五輪を盛り上げるためのものか。そうすると昭和14年ごろ撮影?
【写真3】狩野川上流で川遊びをする女子。西平橋下流か。水着のほか下着姿の子もいる。中央左側の子は五輪マークの付いたキャップをかぶる。幻に終わった1940(昭和15)年の東京五輪を盛り上げるためのものか。そうすると昭和14年ごろ撮影?
【写真4】狩野川上流での川遊びに興じ、寒くなると西平橋下流側(旅館・湯本館近く)にあった露天風呂に入り体を温める男子。上の女子の写真も含め2枚のような光景は井上靖の名作「しろばんば」にも登場。安藤裕夫さんは「しろばんばをほうふつとさせる写真」という
【写真4】狩野川上流での川遊びに興じ、寒くなると西平橋下流側(旅館・湯本館近く)にあった露天風呂に入り体を温める男子。上の女子の写真も含め2枚のような光景は井上靖の名作「しろばんば」にも登場。安藤裕夫さんは「しろばんばをほうふつとさせる写真」という
【写真5】1939(昭和14)年7月に吉奈の芳泉荘プールで行われた傷痍軍人を慰める水泳大会。真っ黒に日焼けし、ふんどし姿の子どもらの体つきがたくましい。ギャラリーもいっぱいだ。翌年には湯ケ島小に待望のプールが完成した
【写真5】1939(昭和14)年7月に吉奈の芳泉荘プールで行われた傷痍軍人を慰める水泳大会。真っ黒に日焼けし、ふんどし姿の子どもらの体つきがたくましい。ギャラリーもいっぱいだ。翌年には湯ケ島小に待望のプールが完成した
【写真6】湯ケ島小の運動会で、フォークダンス?を踊る女子児童。写真左後ろ(校舎左側)に1935(昭和10)年に落成した天皇陛下のご真影を納めた奉安殿が写り、昭和10年代前半とみられる
【写真6】湯ケ島小の運動会で、フォークダンス?を踊る女子児童。写真左後ろ(校舎左側)に1935(昭和10)年に落成した天皇陛下のご真影を納めた奉安殿が写り、昭和10年代前半とみられる

 伊豆市湯ケ島を代表するワサビ生産者だった鈴木波津子さん(71)宅の蔵から、同地とゆかりの深い作家・井上靖とその家族らをはじめとする約2千点に及ぶガラス乾板写真などが見つかった=既報=。井上関係を除く写真の多くは戦前の湯ケ島地区の生活・文化・産業などを知る上で貴重なものばかり。

 写真が趣味だった波津子さんの祖父・功さん(1888~1957年、明治21~昭和32年、68歳で没)を中心に、父親の之夫さん(17~2004年、大正6~平成16年、87歳で没)が撮ったとみられる。撮影年代がはっきりしているものは1935(昭和10)~42(同17)年だが、41(同16)年12月に開戦した太平洋戦争を契機に激減する。

 発見されたガラス乾板やフィルムをスキャンするなどしてNPO法人伊豆学研究会(橋本敬之理事長)がデジタル保存作業を行った。調査に当たった地域おこし団体の湯ケ島地区地域づくり協議会の安藤裕夫会長(68)は「撮影年代に子どもの世代も今は70~80代になっている。写真に写っているもので既に分からないこともある。記録にとどめて後世に残したい」と話し、同会は今年度中をめどに写真集として出版する考えだ。

 たくましく生きる子どもたちやどこか懐かしい光景、経済大国への静かな息吹を感じさせる写真を選び、「子どもたち」「生活・文化」「産業」の3回にわたり紹介する。(文・森野宏尚)

 ■たくましく生きる

 【写真1】湯ケ島小の運動会で騎馬戦に臨む男子児童。みな坊主頭で竹の棒を手に持ち勇ましい。昭和10年代の前半とみられる

 【写真2】湯ケ島小の学校沿革史によれば地域の寄付で1934(昭和9)年に鉄棒などを充実させた。3年後に県主催の田方郡第2支部教育会体操研究会が同校で開かれ、その模様だろうか。子どもたちの体育授業風景を田方郡の校長ら?が見守る

 【写真3】狩野川上流で川遊びをする女子。西平橋下流か。水着のほか下着姿の子もいる。中央左側の子は五輪マークの付いたキャップをかぶる。幻に終わった1940(昭和15)年の東京五輪を盛り上げるためのものか。そうすると昭和14年ごろ撮影?

 【写真4】狩野川上流での川遊びに興じ、寒くなると西平橋下流側(旅館・湯本館近く)にあった露天風呂に入り体を温める男子。上の女子の写真も含め2枚のような光景は井上靖の名作「しろばんば」にも登場。安藤裕夫さんは「しろばんばをほうふつとさせる写真」という

 【写真5】1939(昭和14)年7月に吉奈の芳泉荘プールで行われた傷痍軍人を慰める水泳大会。真っ黒に日焼けし、ふんどし姿の子どもらの体つきがたくましい。ギャラリーもいっぱいだ。翌年には湯ケ島小に待望のプールが完成した

 【写真6】湯ケ島小の運動会で、フォークダンス?を踊る女子児童。写真左後ろ(校舎左側)に1935(昭和10)年に落成した天皇陛下のご真影を納めた奉安殿が写り、昭和10年代前半とみられる

各地の最新の写真
伊東
山口君(伊東高1年)手帳甲子園に出場 「独自記号で生活管理」
下田
「力合わせ、町を元気に」 斎藤町長ら、退任あいさつ―松崎
中伊豆
函南駅に駐輪場新設 140台、防犯カメラも―県道拡幅対応
熱海
熱海の食の在り方考察 地域創生トレセンプロジェクト―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)