ぐるり魚ッチング(366)=ホンドオニヤドカリ 写真と文・伊藤勝敏(海中カメラマン)〈撮影協力・八幡野ダイビングセンター

2017年09月20日

ホンドオニヤドカリ
ホンドオニヤドカリ

 写真はサザエの殻を背負い、大きく全身を伸ばして移動するホンドオニヤドカリ。彼らはエビとカニの中間的な体形をしている。なので、海底に転がっている貝殻の中から自分の体に合ったものを選んで、その柔らかい部分を隠して身を守っている。エビとカニ同様に、脱皮を繰り返して成長する。

 体が大きくなると、背負っていた貝殻を捨て、より大きな貝殻を見つけて引っ越しをする。小さくなった殻は成長を遅らせ、産卵数を低下させる原因となり、捕食されやすいことが知られている。そのため彼らは、貝殻に精いっぱい強い関心を示すのだといわれている。

 沖縄には、ヤドカリがアダンの実を食べて人間に生まれ変わったという古い神話がある。ヒト社会では「人生は重荷を背負って坂を上るが如(ごと)し」と言うことわざがあり、背負う物の違いはあっても、生きものが生きる重さはヤドカリの世からの宿命なのか。その点ヒトに比べ、ヤドカリは自分の家をローン無しで探せる強みがあるように感じるのです。

 【写説】ホンドオニヤドカリ

各地の最新の写真
伊東
一日署長・岩崎アナ 「詐欺被害多発、注意を」―伊東署
下田
多彩な力作44点 河津で「友画」が作品展
中伊豆
災害支援協定を締結 駿東伊豆など3消防本部と東部生コン組合
熱海
獅子が「かみつき」 今宮神社例大祭、神楽や稚児舞を奉納―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)