子どもジャーナル・指導日誌= あいさつ徹底、返事は「押忍」 極真会館静岡山口道場熱海道場・指導者 吉田正男

2017年09月16日

 礼に始まり礼に終わる−。まずは礼儀をしっかりと身に付けてほしい。そのために基本としてあいさつは徹底している。極真会館では返事は必ず「押忍(おす)」。返事は相手に聞こえていなければしていないのと同じになってしまう。とにかく大きな声で、しっかりと返事するよう何度も言っている。道場を巣立った子どもが街中であいさつをしてくれることもあり、それが指導者としての喜びでもある。

 指導者となって10年ほどだが、子どもたちへの指導は「細く・長く」を大切にしている。1回道場に来るたび、一つの技を覚えて返ってくれれば良いと考えている。

 現在子どもたちには多くの選択肢がある。「別のスポーツを始めたい」と考えたらそれを応援する。多くの経験がその子の人生の糧となる。この道場での経験も一つの糧にしてほしい。

各地の最新の写真
伊東
荒木田さん県連名表彰 伊東署地域安全推進員、防犯活動に尽力
下田
問題点見つけ対策を 災害時の初動確認―下田で賀茂指揮官会議 
中伊豆
「気軽に利用できる」 修善寺駅で衆院選期日前投票開始―伊豆
熱海
体育授業で詩舞練習 熱海高2年女子の37人

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)