子どもジャーナル・私たち楽しんでます=プレーの楽しさ実感 下田ミニバスケットボールクラブ

2017年09月09日

下田ミニバスケットボールクラブの子どもら
下田ミニバスケットボールクラブの子どもら

 「子どもたちが中学、高校を卒業してもバスケットボールを続けてほしい。それだけです」−。岩本宇一代表は語る。競技を続ける原動力の基礎と“楽しさ”を中心に教えるクラブだ。

 地元の子どもたちにバスケットボールの魅力を伝えようと、岩本代表が7年前に設立した。小学1~6年生の男女20人が笑顔で活動している。ドリブル、パスなどの基礎トレーニングをした後、必ず試合を行い、プレーする楽しさを実感させてから練習を終える。児童たちは競技を通して自分の特徴の出し方、規律なども学んでいくという。

 ▽練習日時 毎週土曜日か日曜日、午前9時半~正午

 ▽練習場所 浜崎小体育館

 ▽問い合わせ 岩本代表 携帯090(4219)6422

 【写説】下田ミニバスケットボールクラブの子どもら

各地の最新の写真
伊東
風力発電機作りに挑戦 ペットボトルで親子30人―伊東でNPO
下田
沢路秀和さん(下田) 東海5位―モデルジャパン
中伊豆
児童、トップ選手ら熱戦 三島でレスリング女子オープン
熱海
飲酒運転根絶を 熱海署広報

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)