伊豆路=「声かけ・サポート」(JR東日本熱海駅長・宮原智子)

2017年08月27日

 有数の温泉観光地の玄関口である熱海駅は、国内外から多くのお客さまにお越しいただき、連日大変なにぎわいをみせています。熱海駅をはじめてご利用されるお客さまも多く、何よりもまず安全に安心してご利用いただくことを念頭において、業務を行っております。

 鉄道は何十トンもある車両を連結し、2本のレール上を高速で走行します。また、厳しい自然環境の中に線路を敷設している箇所も多数あります。われわれはこれら鉄道の特性から生まれるさまざまなリスクを想定しながら、安全に安心してご利用いただけるよう常に意識を高くもち、備えや訓練などを行っております。

 例えば、ホームではこまめに分かりやすい放送案内を行うことで安全に鉄道をご利用いただくことに努めているほか、万が一を想定し、常に「列車非常停止ボタン」の位置を意識しながら業務を行っています。この列車非常停止ボタンはホームからの転落など危険を発見した際に押し、警報ブザーなどにより乗務員に非常を知らせるものですが、これはわれわれ社員のみならず、お客さまにも操作していただけるものです。これまで熱海駅でもお客さまにこの列車非常停止ボタンを扱っていただき、事無きを得た例もあります。

 また、安全のみならず、安心してご利用いただくことも欠かすことはできません。JR東日本グループでは2011(平成23)年から「声かけ・サポート」運動に取り組んできました。これはお困りになっているお客さまへ社員よりお声掛けするのはもちろんのこと、駅をご利用のお客さまにもお困りの方に対する助け合いのご協力を呼び掛けるものです。

 ぜひ地域のみなさまにも駅での見守り・お声かけ運動にご参加いただき、安全で安心してご利用いただける駅づくりに、お力添えいただければと思います。

各地の最新の写真
伊東
風力発電機作りに挑戦 ペットボトルで親子30人―伊東でNPO
下田
沢路秀和さん(下田) 東海5位―モデルジャパン
中伊豆
児童、トップ選手ら熱戦 三島でレスリング女子オープン
熱海
飲酒運転根絶を 熱海署広報

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)