子どもジャーナル・指導日誌= 「努力と感謝」身につけて FCレアーレディレクター 三好言

2017年07月01日

 伊東市の小中学生を対象にしたサッカー教室「FCレアーレ」は今年で8周年を迎えます。サッカーを通して、子どもたちへの人間教育の手助けを目的に城ケ崎や富戸などで活動しています。

 子どもたちには「努力と感謝」を身につけてもらうべく、指導しています。課題に対して子どもたちに「自分で考えなさい」と諭し、自主性を尊重しています。自分で積み重ねた努力は確かな自信になり、一歩前に踏み出す勇気になるのです。

 レアーレはボランティアで運営している団体です。保護者、コーチ、練習場所を提供してくださる学校など、さまざまな手助けがあってこそ、成り立っています。

 だからこそ、子どもたちには「サッカーができるのは当たり前のことではない」と周囲への感謝を絶やさず、血眼になってサッカーに向き合ってほしいと考えています。

各地の最新の写真
伊東
「看多機、在宅医療支援に不可欠」 伊東市介護専門員協が研修会
下田
森林計画研究発表 いしい林業、樹芸研が全国へ―南伊豆
中伊豆
彼岸の入り 各地で墓参り―三島・田方
熱海
墓地掃除、故人しのぶ 秋の彼岸入り―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)