子どもジャーナル・私たち楽しんでます=生徒の目、生き生きと さと海会(南伊豆町)

2017年04月08日

さと海会の生徒たちと荒井さん(左)
さと海会の生徒たちと荒井さん(左)

 南伊豆町青市の教室で毎週、幼児から80代までの21人が毛筆と硬筆で上達を目指し励んでいる。活動は丸6年を迎え、全国コンクールの入賞者を輩出するまでになった。

 コの字に配置した机で行う少人数指導が特徴で、ポイントを一つ一つ丁寧に教える。主宰の荒井里美さんは「少ない人数だから成長が早い。生徒の目が生き生きとしている」と語る。「教室の時間が楽しみ」という生徒が多いという。

 日本書写書道検定委員会の検定を積極的に受験。指導者資格を取得した小学生もいる。荒井さんは「段級でやる気を感じやすい」と述べた。

 ▽活動日 毎週火、水、木曜日夕方

 ▽場所 青市教室(しど弁当近く)

 ▽問い合わせ 荒井さん〈携帯090(1032)7761〉

 【写説】さと海会の生徒たちと荒井さん(左)

各地の最新の写真
伊東
ヤギで“エコ除草” 伊東サザンクロス、ゴルフコース周辺で試行
下田
藤辺君(高3)陸上100メートル東海2位 東伊豆TFC出身
中伊豆
日本勤労協、伊豆の国で全国総会 宇津井新会長を選出
熱海
薬物の恐ろしさ訴え 街頭でキャンペーン―県熱海健福センター

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)