子どもジャーナル・指導日誌=感動や達成感知って 三島市大場しゃぎり保存会 指導育成委員長鈴木信哉

2017年04月08日

 三島市大場は、しゃぎり発祥の地といわれています。歴史をたどると1532年、三嶋大社の舞役だった幸若惣太夫(こうわか・そうだゆう)が大社例祭で「幸若舞」という舞を演じるために創曲して、地域に伝わったといわれています。惣太夫は大場に住んでいたとされるので発祥の地といえるでしょう。

 だからこそ次代へ「昔ながら」を継承したい。そう思って、子どもが大人のように演奏するのは技術的に大変なのですが、練習時間を増やしてでも原型を崩すことなく取り組んでいます。練習は毎年5月初旬から8月下旬まで週3日、行っています。笛、太鼓の大胴(おおどう)小胴(こどう)摺鉦(すりがね)で12曲を練習します。

 子どもたちには、みんなはふるさとの音色を途絶えさせない係なんだ、と伝えたい。スポーツと違い勝敗はありませんが、みんなで一つのものを作り上げる感動や達成感を知ってほしい。

各地の最新の写真
伊東
ヤギで“エコ除草” 伊東サザンクロス、ゴルフコース周辺で試行
下田
藤辺君(高3)陸上100メートル東海2位 東伊豆TFC出身
中伊豆
日本勤労協、伊豆の国で全国総会 宇津井新会長を選出
熱海
薬物の恐ろしさ訴え 街頭でキャンペーン―県熱海健福センター

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)