日曜健康便 137=大切な人自殺から守るゲートキーパー 地域全体で見守りを(県賀茂健康福祉センター福祉課・宮島順子)

2017年03月05日

ゲートキーパー
ゲートキーパー

 3月といえば卒業、進学や就職など新たなスタートの季節。色とりどりの花も咲き、心を和ませてくれます。しかし3月は、同時に自殺者が多い月でもあり、自殺対策基本法で「自殺対策強化月間」に定められています。

【自殺の現状】

 毎年、全国で2万人以上、県内では700人前後の方が自殺で亡くなっており、交通事故死の約4倍にあたります。また、2015(平成27)年人口動態統計では、人口10万人当たりの自殺死亡率は、県平均18・7人に対し賀茂地域は43・9人で、県内で最も高い地域です。

 ストレス過多の現代では、人生のさまざまな場面で心の健康を損ね自殺に追い込まれる危機は、誰にでも起こり得ます。

 自分なりのストレス解消法を持ち、一人で悩まないで誰かに援助を求めることが大切です。

【あなたもゲートキーパーに】

 地域全体で自殺を減らすため、ゲートキーパー(悩んでいる人に気付き、声を掛け、話を聴いて、必要な支援につなげ、見守る人)を養成しています。悩んでいる人を支えるために、多くの人がゲートキーパーとして身近な人の「いつもと違う」サインに少しでも早く気付くことが大切です。

 県は、ゲートキーパーの養成研修を実施しています。事業所などで人数をまとめていただければ出前研修も行います。また、心の健康に関する相談も受けています。詳しくはお住まいの地域にある健康福祉センターにお問い合わせください。【県賀茂健康福祉センター福祉課・宮島順子 電0558(24)2056】

各地の最新の写真
伊東
観光名所や食満喫、伊豆高原でロゲイニング 5月本番へ体験会
下田
しだれ桃、華やか 蓮台寺で祭り、見頃来月
中伊豆
ミニ電車“出発進行” 伊豆箱根鉄道フェスタ盛況―三島
熱海
岩佐又兵衛の作品解説 MOA美術館でセミナー―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)