映画興行成績:綾瀬はるか主演「今夜、ロマンス劇場で」が首位 福山雅治の「マンハント」は4位発進

2018年02月14日

映画「今夜、ロマンス劇場で」の一場面 (C)2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
映画「今夜、ロマンス劇場で」の一場面 (C)2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会

 13日に発表された10、11日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、女優の綾瀬はるかさん主演の「今夜、ロマンス劇場で」(武内英樹監督)が、初登場で首位を獲得した。土日2日間で約12万6000人を動員し、興行収入は約1億6600万円を記録。公開初日の10日から12日までの3日間の累計は、動員が約19万3000人、興行収入が約2億4800万円だった。期待度調査(同社調べ)によると、女性の10~40代で期待度が20%程度と高いことから、レディースデーの高稼働が期待される。

 初登場作品では、福山雅治さんと中国のチャン・ハンユーさんがダブル主演した映画「マンハント」(ジョン・ウー監督)が4位にランクイン。土日2日間で動員は約6万3000人、興行収入は約7900万円だった。公開初日の9日から12日までの4日間の累計は、動員が約11万3000人、興行収入は約1億3900万円を記録。大阪を舞台としていることから、関西圏の劇場の高稼働が目立つ興行となっている。同じく初登場の劇場版アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)」(谷口悟朗監督)は8位スタートだった。

 累計興行収入では、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(ライアン・ジョンソン監督)が73億5000万円を超え、歴代興行収入ランキングで74位となっている。そのほか、今回2位の「祈りの幕が下りる時」(福澤克雄監督)が11億円を突破。6位の「ジオストーム」(ディーン・デブリン監督)は10億円に達し、9位の「パディントン2」(ポール・キング監督)は5億円を突破している。

 1位 今夜、ロマンス劇場で

 2位 祈りの幕が下りる時

 3位 不能犯

 4位 マンハント

 5位 羊の木

 6位 ジオストーム

 7位 スター・ウォーズ/最後のジェダイ

 8位 コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道

 9位 パディントン2

 10位 嘘を愛する女

MATNANWEB
各地の最新の写真
伊東
キネマ通りに巨大飾り 「伊東MAGARI雛」きょう開幕
下田
18年ぶり、一般会計100億円台 下田市18年度予算案 
中伊豆
事前説明会に3陣営 函南町長選
熱海
国保事業、データヘルス計画「妥当」 熱海市運営協が答申

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)