明日のわろてんか:1月13日 第85回 伊能と母・志乃の関係に雪解け? 名前に込められた母の思い…

2018年01月12日

NHKの連続テレビ小説「わろてんか」第85回の一場面 (C)NHK
NHKの連続テレビ小説「わろてんか」第85回の一場面 (C)NHK

 葵わかなさん主演のNHKの連続テレビ小説「わろてんか」は第15週「泣いたらあかん」を放送。13日の第85回では、てん(葵さん)と藤吉(松坂桃李さん)は、志乃(銀粉蝶さん)のお別れ会を開き、伊能(高橋一生さん)を招待する。頑として母・志乃を許そうとしない伊能。しかし、自分の「栞」という名前に込めた深い思いを志乃から聞き、伊能の心は大きく揺れる……。

 「わろてんか」は、京都の老舗薬種問屋の長女で、笑いをこよなく愛するヒロイン・藤岡てんが、大阪を日本一の笑いの都にしていく姿を描く一代記。主題歌は女優の松たか子さんが歌う「明日はどこから」。脚本はドラマ「美女か野獣」(フジテレビ系)などの吉田智子さんが手がけ、語りはNHKの小野文惠アナウンサーが担当している。

 第14週「みんなの夢」は、とわ(辻凪子さん)の家出騒動をきっかけに結束を強めた「安来節乙女組」の娘たち。何としても乙女組を高座に上げたい風太(濱田岳さん)は、臨時講師にリリコ(広瀬アリスさん)を迎えて、厳しく踊りを教える。最初は反発していた娘たちも、リリコらの思いを知るとついにやる気を出し、お披露目の日を迎える……という展開だった。

MATNANWEB
各地の最新の写真
伊東
曽根さん(伊東)衣湯織が高評価 四つの公募展で入賞・入選
下田
ゴマフアザラシのアルト 4歳で“嫁入り”―下田海中水族館
中伊豆
土肥桜が見頃 濃いピンク一気に開花―伊豆・万福寺
熱海
雪残り市民の足に影響 県道熱海大仁線は規制続く

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)