宮沢りえ:ムーミン役に興奮 「幸せな時間を過ごしました」

2017年11月14日

劇場版パペットアニメ「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」のジャパンプレミアイベントに登場した宮沢りえさん
劇場版パペットアニメ「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」のジャパンプレミアイベントに登場した宮沢りえさん

 女優の宮沢りえさんが14日、東京都内で開かれた劇場版パペットアニメ「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」(ヤコブ・ブロンスキ&イーラ・カーペラン監督、12月2日公開)のジャパンプレミアイベントに登場した。日本語吹き替え版で、主人公ムーミントロールの声を担当した宮沢さんは「小さなときから大好きなムーミントロール(の声)をやらせていただいて興奮しましたし、幸せな時間を過ごしました。皆さんにもいろいろなイメージのムーミンがいると思いますが、今回は新しいムーミンの魅力を感じてもらえたら」とアピールした。

 世界中で愛されているムーミンについて、宮沢さんは「改めて感じたことは、表情がとてもシンプルなのですが、シンプルな中に想像力を膨らませる表現がある。そういうところが国境を超えて、時代を超えて愛される理由だと思います」と分析。自身のムーミンについては、「ドキドキしました。今までのイメージ、海外版のムーミンの声も良かった。自分の声が、ムーミンの体、表情と重なったとき、どう見えるのか。本当に戸惑いがありましたけれど、新しいムーミンとして受け入れていただければうれしいなと思っています」と語っていた。

 イベントには、声優の森川智之さん、朴ロ美さん、主題歌を担当した歌手のサラ・オレインさんも出席した。

 「ムーミン」は、フィンランドの作家・トーベ・ヤンソンさんの児童文学で、日本でも絵本やマンガ、テレビアニメになっている。「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」は、パペット(人形)のアニメーションで、ムーミンたちが初めてクリスマスを迎えるまでを描いている。

MATNANWEB
各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集