E-girls:11人の新体制で初ライブ 鷲尾伶菜「新しい色を」と決意

2017年07月16日

さいたまスーパーアリーナでライブ「E-girls LIVE 2017 ~E.G.EVOLUTION~」を行ったE-girls
さいたまスーパーアリーナでライブ「E-girls LIVE 2017 ~E.G.EVOLUTION~」を行ったE-girls

 ダンス&ボーカルグループ「E-girls」が16日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で11人体制となって初めてのライブ「E-girls LIVE 2017 ~E.G.EVOLUTION~」を開催。新生E-girlsを含む「E.G.family」所属のアーティストが登場し、合計30曲を披露した。

 この日のライブでは、E-girlsが19人体制でデビュー曲「Celebration!」やヒット曲「Follow Me」などを歌唱した後、Dream Amiさん、「DANCE EARTH PARTY」「Happiness」「Flower」「ShuuKaRen」「スダンナユズユリー」など新体制の「E.G.family」所属のアーティストが次々と登場してパフォーマンスを繰り広げ、11人体制となった新生E-girlsは体制変更後初のシングル曲「Love ☆ Queen」と「Smile For Me」の2曲を歌唱した。

 E-girlsのボーカル・鷲尾伶菜さんは「このライブでデビュー曲からいろいろな楽曲をやってきて、こんなに歴史がたくさんあったんだなと思いましたし、この会場にいて、こんなにたくさんのエネルギーやパワーをいただきながら、自分たちはここまで来られたんだなと改めて感じました」と感謝。「これから新生E-girls11人として、新しい色を見出していかないといけないと思いますし、私はそんなE-girlsの先頭に立って、皆さんと一緒に夢をかなえていきたい」と決意を語った。

 また、「Dream」もこの日が“最後のステージ”となり、Dream Shizukaさんは「このステージが3人で歌う最後なのかなと思うと、正直すごく寂しい」と語り、Dream Amiさんは「私の人生は“Dream色”に染まっていると思います。Dreamで思うような活動ができないこともありました。でも、6年前にE-girlsに出会って、私の人生は180度変わりました」と涙で声を詰まらせながらファンに思いを伝えた。

 さらに、パフォーマーを卒業し、チーフクリエイティブマネージャーとなるDream AYAさんは「(E-girlsの)みんなと出会えたことは本当に大きいですし、過去を振り返っても『ありがとう』という感謝の気持ちであふれています。これまで本当に本当にありがとうございました」と涙ながらに胸の内を明かした。

 E-girlsは、2011年に「Dream」「Happiness」「Flower」の三つのグループが集まり、ガールズ・エンタテインメント・プロジェクトとして始動したダンス&ボーカルグループ。6月からは19人体制から11人体制に変更され、「E.G.family」も結成された。今回のライブは、同会場で15、16日の2日間にわたって開催され、計約6万人を動員した。

MATNANWEB
各地の最新の写真
伊東
知事「メガソーラー反対の声受け止めた」 伊東の2団体署名提出 
下田
きょうから国際カジキ釣り 参加艇でクルーズ、下田の児童満喫
中伊豆
鳥獣食害軽減へ 効果的な捕獲法普及―伊豆市が対策実施隊設置
熱海
ふれあい作業所、利用者工賃、県内トップ級―熱海

最新写真特集