小泉孝太郎:「政治家の街頭演説では…」 阿佐ヶ谷駅前で主演ドラマPR

2017年07月16日

連続ドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON」の会見に登場した小泉孝太郎さん
連続ドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON」の会見に登場した小泉孝太郎さん

 俳優の小泉孝太郎さんが16日、JR阿佐ヶ谷駅前(東京都杉並区)で行われた21日スタートの連続ドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON」(テレビ東京系、金曜午後8時)の会見に出席。小泉さんはマイクを手にすると、駅のホームに向かって「プラットホームの皆さん、政治家の街頭演説ではございません!」と笑顔で呼びかけ周囲の笑いを誘った。

 会見には小泉さんのほか、松下由樹さん、大杉漣さん、石丸謙二郎さん、安達祐実さん、木下隆行さん、戸塚純貴さん、岸明日香さんといった主要キャストが集結。

 2016年1月に放送された主演ドラマの続編で、前作に続いて空気の読めない“KY刑事”小早川冬彦を演じる小泉さんは、「1年半ぶりに戻ってきました。セカンドシーズンはチームワークを見てほしいし、『警視庁ゼロ係』の世界観にも自信があります」と笑顔でアピールした。

 さらに小泉さんは、共演者全員と「あうんの呼吸を感じている」といい、「(台本の)1ページの中に、1人1行はアドリブが入っている。それぐらい皆さん自分なりの言葉を言っていて、それが放送される。こんなドラマは他にはないだろうし、異常なほど結束しています」と力強く語っていた。

 「警視庁ゼロ係」は、富樫倫太郎さんの小説「生活安全課0係」シリーズ(祥伝社)が原作。過去に問題を起こした刑事らを集め、警視庁杉並中央署生活安全課に新しく設置された「なんでも相談室」(通称・ゼロ係)を舞台に、小泉さん演じる冬彦が、松下さん演じるベテラン女性刑事・寺田寅三(とらみ)とタッグを組み、くせ者ぞろいのメンバーらと事件を解決していく……という内容。今回は冬彦らが20年の東京五輪に絡む事件に挑むという。

MATNANWEB
各地の最新の写真
伊東
「看多機、在宅医療支援に不可欠」 伊東市介護専門員協が研修会
下田
森林計画研究発表 いしい林業、樹芸研が全国へ―南伊豆
中伊豆
彼岸の入り 各地で墓参り―三島・田方
熱海
墓地掃除、故人しのぶ 秋の彼岸入り―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)