岡田結実:センバツ開幕戦を生観戦 「全てを出し切って」とエール

2017年03月19日

阪神甲子園球場でセンバツの開幕試合を観戦した岡田結実さん
阪神甲子園球場でセンバツの開幕試合を観戦した岡田結実さん

 「第89回選抜高等学校野球大会(センバツ)」(毎日新聞社、日本高等学校野球連盟主催)の応援イメージキャラクターを務めるタレントでモデルの岡田結実さんが19日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)を訪れ、開会式と開幕試合を観戦した。「目指す世界は違うけど、みんな同じ世代で選手も私も夢を追いかける姿は同じ。今ここで出せる力の全てを出し切って悔いのないプレーをしてほしい」と選手たちにエールを送った。

 4月から高校2年生となる岡田さんは、制服風のスカート姿で午前9時前に球場入り。毎日放送(MBS)の実況ブースで開会式の生放送にゲスト出演し、バックネット裏や外野席で、初出場対決となった至学館(愛知)対呉(広島)の開幕試合を観戦した。

 4万4000人の観衆が入った球場を一目見るなり「わあ、大きいなあ」と感動した様子。開会式で出場32校の選手が星野源さんのヒット曲「恋」の行進曲に乗って入場してくると、「テレビより全然迫力があります。行進する選手もかっこいいですし、スタンドの皆さんも手拍子して、一緒に戦うんだという熱気が伝わってきて、感激して泣きそうになりました」とコメントした。

 大阪市出身の岡田さんはお笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右さんの長女で、兄は俳優の隆之介さん。オリックスバッファローズの大ファンだった父と野球経験のある兄と一緒に野球観戦によく出かけていたといい、この日の開幕試合では、スタンドの応援歌に合わせて手拍子したり、口ずさんだり、攻撃のチャンスが広がると「あっ、いけっ、頑張れ~」と身を乗り出して声援を送り、得点が入ると大喜びしていた。

MATNANWEB
各地の最新の写真
伊東
「看多機、在宅医療支援に不可欠」 伊東市介護専門員協が研修会
下田
森林計画研究発表 いしい林業、樹芸研が全国へ―南伊豆
中伊豆
彼岸の入り 各地で墓参り―三島・田方
熱海
墓地掃除、故人しのぶ 秋の彼岸入り―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)