明日のべっぴんさん:3月21日 第141回 古門の資金提供申し出に悩むすみれ 決断は…

2017年03月20日

突然訪ねてきた古門(西岡徳馬さん)からある計画を持ちかけられるすみれ(芳根京子さん) (C)NHK
突然訪ねてきた古門(西岡徳馬さん)からある計画を持ちかけられるすみれ(芳根京子さん) (C)NHK

 芳根京子さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」は第25週「時の魔法」を放送。21日の第141回では、大手商社「KADOSHO」社長の古門(西岡徳馬さん)から資金提供の申し出があり、資金繰りに悩むすみれ(芳根さん)たちは思い悩む。子供たちのための総合店舗「ワンダーランド」を作るという夢をあきらめきれないすみれたちは……。

 「べっぴんさん」は、95作目の朝ドラ。神戸市に本社を置く子供服のメーカー「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子さんをモデルにしたヒロイン・すみれの物語。戦後、焼け跡となった神戸で、娘や女性のために、子供服作りにまい進するヒロインと家族の姿が描かれている。

 第24週「光の射(さ)す方へ」では、会社創業の思いを次世代に引き継ぐため、すみれは「キアリスガイド」の映画化を思いつき、プロカメラマン・亀田(上地雄輔さん)の力を借りて撮影を開始する。一方、潔(高良健吾さん)は「オライオン」に紳士服ブランドを“復活”させることにし、栄輔(松下優也さん)を講師に迎えて「男の着こなし講座」を開催。やがて映画版キアリスガイドは完成し……という展開だった。

MATNANWEB
各地の最新の写真
伊東
“シニア国体”テニス女子複 板倉さん(伊東)5位  
下田
初日は276キロ水揚げ 石廊崎で伊勢エビ漁解禁―南伊豆
中伊豆
介護、1人で抱えない 3人体験発表し心境語る―伊豆の国市
熱海
ダミー使い心肺蘇生 熱海市赤十字奉仕団、基礎研修に34人

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)