1面コラム 潮の響=高齢ドライバーの免許証返納

2019年06月13日

 全国で高齢ドライバーによる重大交通事故が相次ぐ中、歌手で俳優の杉良太郎さん(74)が免許証を自主返納したニュースがあった。報道陣の取材に「返納を考えるきっかけになってくれたら」と思いを語っていた

 ▼2010年の初夏、伊豆市小下田に1軒だけあった白ビワ農家を取材した。自宅は国道136号を少し山側に入ったところで、周囲に商店など1軒も見当たらない。そこから、当時79歳のご主人が軽トラックで栽培するハウスに案内してくれた。対向車とすれ違えない狭い道を数百メートル上って

 ▼数日後、恋人岬の駐車場で再会した。妻=当時(76)=と2人、軽トラに乗り、白ビワを売りに来ていた。夫妻にとって車はまさに「足」。仕事ばかりでなく、あらゆる場面での必需品だ。伊豆半島にはこうした車なしには生活が成り立たない地域が数多くあり、高齢者だけの世帯も少なくない

 ▼東京や横浜など大都市圏は公共交通機関が発達しており、高齢者が安心・安全に移動できる環境が整っている。免許の在り方は地域の実情を踏まえて考えてほしい

 ▼単に運転能力が衰えた高齢者に返納を促すだけでなく、行政には返納した後の生活に支障がないよう、支援体制の構築を切に望む。

各地の最新の写真
伊東
城ケ崎海岸エリア マルシェで盛り上げ―伊東
下田
無人売店「100円農村」人気 「あじさい祭」で下田市観光協会
中伊豆
「両手で掘ってね」 園児招きジャガイモ収穫―田方農業高
熱海
来宮神社例大祭責任当番町の咲見町祭典委、市長に支援要請―熱海 

最新写真特集