記者コラム=外国語、手話でおもてなし

2019年06月12日

 「2018年平昌(ピョンチャン)五輪で、日本語が分かるスタッフに現地でとても助けられた。今、外国語を猛勉強中。2020年東京五輪・パラリンピックではぜひ積極的に関わり、日本に来てくれる外国人をもてなしたい」

 東京五輪・パラのボランティア説明会で、参加した女性が抱負を語った。言葉を聞いて、伊豆の中高生が、五輪・パラに向け熱心に手話の勉強をしていたのを思い出した。生徒らは障害のある人が安心して伊豆に来れるよう、手話を頑張る−と笑顔で話した。

 外国語や手話は重要な意思疎通ツールだが、温かなコミュニケーションでもてなそう−という伊豆人の心意気こそ、成功につながる共通言語だと強く思う。(藤)

各地の最新の写真
伊東
伊東ブランドへ味、独創性審査 新規4、再認定に21品
下田
「虫歯予防に歯磨き大切」 園児195人対象に教室―下田市
中伊豆
園児招きジャガイモ収穫 中伊豆体験農園管理組合
熱海
懐かしの曲歌う 「童謡の日」記念し演奏会―熱海・起雲閣

最新写真特集