記者コラム=ドライバーの“再教育”

2019年05月15日

 散歩中の保育園児らが死傷した大津市の交通事故。道路の安全対策を求める声が上がっているが、ドライバーの“再教育”も重要ではないだろうか。

 曲がる時に大きく膨らんだり、頻繁にブレーキを踏んだり、駐車場で何度も切り返したりと運転は大丈夫だろうか−と思う光景をよく目にする。またあおり運転や一時停止の無視、方向指示器を出さずに曲がるなど、マナーやルールを守らないドライバーも見られる。

 免許取得後、実車の講習を受ける機会はほとんどない。免許の更新時など定期的に、年齢にかかわらず教習所で受けるのを義務づけてはどうか。自分の運転をいま一度確認する。悲惨な事故を減らすためにも必要ではないだろうか。(春)

各地の最新の写真
伊東
伊東海水浴場運営協 来月、事故防止へ会合―総会で稲葉会長再任
下田
下田高男子バレー東部V 25日から県大会「優勝し全国出場を」
中伊豆
伊豆市議会が報告会 一般会計予算概要を説明
熱海
人形で胸骨圧迫実践 本年度初の救命講習会―熱海市消防本部

最新写真特集