記者コラム=渋沢栄一の天城越え

2019年04月19日

 新1万円札肖像画に採用された渋沢栄一は1927(昭和2)年10月1日、下田市の玉泉寺でハリス記念碑の除幕式に参加した。前日に修善寺の新井旅館へ泊まった渋沢は午前10時に旅館を出発し、自動車で天城を越え正午に下田に着いた。2時間の天城越えだ。

 式の来賓招待状では沼津―下田間を3時間半と説明した。現在では渋滞さえなければ修善寺―下田間が1時間余、沼津―下田間は1時間半余でいずれも半分以下に短縮された。05(明治38)年の旧天城トンネル開通以来の交通網の進化を感じる。

 新紙幣が出るのは2024年。そのころには河津トンネルが開通し、さらに10分以上短縮される。良くなった道で次は紙の渋沢栄一を連れてきてほしいものだ。(航)

各地の最新の写真
伊東
伊東海水浴場運営協 来月、事故防止へ会合―総会で稲葉会長再任
下田
下田高男子バレー東部V 25日から県大会「優勝し全国出場を」
中伊豆
伊豆市議会が報告会 一般会計予算概要を説明
熱海
人形で胸骨圧迫実践 本年度初の救命講習会―熱海市消防本部

最新写真特集