1面コラム 潮の響=依田勉三、帯広での知名度は抜群

2019年01月21日

 依田勉三といえば、松崎町生まれで北海道十勝原野開拓の先駆者。同町住民なら誰もが知る郷土の偉人だ。だが、北の大地で周知されているか気になっていた

 ▼先ごろ放送された、あさひテレビの深夜バラエティー番組「ピエール瀧のしょんないTV」に答えがあった。同町の姉妹都市で十勝地方の中心・帯広市でロケをした番組で、瀧さんと広瀬麻知子アナウンサーが、市内各地で「わらしべ長者」のように楽しく物々交換をしてゆくのだが、やり取りなどが興味深かった

 ▼商店街のまんじゅう店の壁には「依田勉三さんと歩く歴史探訪の旅マップ」があり、市内にある銅像も描かれていた。店主は「小学校の社会科の教科書から何度も出てきますから」と話した。また近くには松崎町の特産品も扱うアンテナショップ「べんぞう商店」があり、店内に勉三に関する展示コーナーがあった

 ▼以前、十勝毎日新聞社を訪問した際、編集局幹部が勉三を挙げ「伊豆と帯広は縁が深い」と言った。ずっとリップサービスと思っていたが、本当だった

 ▼番組では観光スポット幸福駅で出会ったカップルが、札幌市であった「イズー」(河津町)のイベントの土産を持っていたのには驚いた。やはり北海道とは縁がある。

各地の最新の写真
伊東
健康、繁盛願い福だるま 毘沙門天大祭にぎわう―伊東・仏現寺
下田
稲取漁港直売所ロゴマーク決定 キンメとミカン図案化―伊豆漁協
中伊豆
災害時に施設提供 村の駅と安久町内会が協定―三島
熱海
100人がシャンソン堪能 下田の石橋さんがライブ―熱海・起雲閣

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)