記者コラム=時季外れの年賀状

2019年01月09日

 七草がすぎてお飾りや門松を片付ける姿があちこちで見られる。正月も終わりという風情だが、この時季外れになって年賀状が何通か届いた。随分のんびりした人がいたものだと思うが、よく考えれば筆者も5日になって慌てて1通投函(とうかん)した。

 南伊豆町立図書館は昨年暮れから詩人・故石垣りんさんの年賀状展を開いている。30年分のはがきと手作りの版木を並べた。年ごと時代を写した風刺が利いていて内容にうならされる。

 解説文によると、りんさんが年賀状を作り始めるのは、おおむね他の人のはがきが届いてからという。あれだけの詩人でも遅いのだ。良いものを作るには仕方がない。毎年遅れてしまうのんびり者の言い訳に…。(航)

各地の最新の写真
伊東
松川湖畔 紅白梅咲き始め、例年より半月早く―伊東
下田
「かわいい」と大喜び 南伊豆東小でペンギン教室―下田の水族館
中伊豆
厄よけ豆4万袋詰める 来月3日、三嶋大社で節分祭
熱海
耳澄まし札取り合う 熱海中、全校学級対抗で百人一首

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)