1面コラム 潮の響=三島市

2018年12月23日

 1週間前に投開票された三島市長選は、豊岡武士氏が新人2候補を破り、3選を果たした。三島駅南口再開発をはじめ争点が明白で、3人が激しく争った割には投票率が伸びず50%を割った

 ▼当日は市民体育館の開票所を担当した。開票作業が始まった午後9時10分からしばらくは静観。10時に3候補4千票ずつの中間発表があった後は、各候補のテーブルに次々と積まれる票の束を数え、ネット速報のために本社へ電話連絡した

 ▼10時半前には豊岡氏が2万票を超えたため、「当選確実」を伝えた。10時半に発表された状況は開票率96・64%。残りわずかで間もなく確定するだろうと思いながら待ったが、なかなか確定せず。その後、市選管から「投票者数より得票が1票多かった」と説明があった

 ▼数え直した結果、二つの束で誤りが確認された。一つは実際の票数が2票少なく、一つは逆に1票多かった。選管はこの差が原因と判断し、立会人にも確認して結果を確定させた。誤りの要因は計数機と投票用紙ではないかと分析した

 ▼今回の選挙で、豊岡氏と次点候補の差は5千票以上あったが、それは結果論。来春にはより票差が“シビア”な市議選が控える。しっかり検証してほしい。

各地の最新の写真
伊東
松川湖畔 紅白梅咲き始め、例年より半月早く―伊東
下田
「かわいい」と大喜び 南伊豆東小でペンギン教室―下田の水族館
中伊豆
厄よけ豆4万袋詰める 来月3日、三嶋大社で節分祭
熱海
耳澄まし札取り合う 熱海中、全校学級対抗で百人一首

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)